上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今回は私がメインで使用している 灼眼のシャナ のレシピを紹介します。

シャナはいろいろなタイプを試しましたが、どれも強かったのでメインをどのタイプにするか迷いました。ですので実戦でとにかく回して、最終的に今回のレシピのようになりました。

大会で入賞しているシャナとは違っているところがありますが、そこも踏まえて紹介していきます。
Lv0 19枚
(赤)
対峙の時シャナ×4
成長の鍵シャナ×3
ティアマトーの契約者ヴィルヘルミナ×3
討滅の使徒シャナ×2
一流の自在師マージョリー×2
(青)
からっぽの存在ヘカテー×3
(黄)
ロミオ役の悠二×2

Lv1 10枚
(赤)
フレイムヘイズ ヴィルヘルミナ×4
この刃に懸けてシャナ×2
シャナ&アラストール×2
贄殿遮那の担い手シャナ×2

Lv2 5枚
(赤)
ペルソナ装着ヴィルヘルミナ×4
ドロシー役のシャナ×1

Lv3 8枚
(赤)
大いなる器シャナ×4
シャナ&悠二×2
翻る黒衣シャナ×2

クライマックス 8枚
(赤)
天破壌砕×2
扉×6


構築するにあたってシャナ本来の決める力に、ストック圧縮とcip回復持ちを増やしてある程度耐久できるようにしました。

全体としては、シャナの得意な相手のキャラを割ることに重点を置きつつ、レベル2帯はペルソナ装着で盤面制圧を目指します。レベル3は多めに入っているcip回復でワンクッション置き、シャナの優秀な詰め能力で勝負を決めるといった流れです。

コストがあまりかからないので、ストック圧縮もしやすいですね。


今回は各レベル帯の動きを紹介する前に、このレシピでは採用されていないカードについて説明したいと思います。

・『調律師』カムシン・ネブハーウ
1/1/3000。前応援と1ターンに一度だけ他の自分の炎のキャラがリバースした時、自分のキャラ1枚に+1500することのできる後列キャラ。
アンコール持ちの多いシャナは相手ターンにパワー不足な面がありましたが、このカードの登場で3面割られづらくなりました。2枚並べれば+3000、または+1500を振り分けられるという非常に厄介な場を作ることができます。
また、この効果は間接的にシャナの弱点である手札枯渇を防いでくれます。

大会で入賞しているのも大体カムシン型ですね。

私もカムシン型を回しましたが、2枚そろえば2面割られないことが多いです。1体でも十分ですが本領は2枚並べてこそだと思います。
ですが地味に1コストが重く、最近の環境は1枚ぐらいでは簡単に越えられてしまう点、ペルソナ装着との兼ね合いからメインでの採用を見送りました。他の理由としては後列がカムシンで埋まるので、他の優秀な後列キャラを採用しづらいことですかね。併用することもできますが、私個人としては最終的にカムシンは2枚並べたいので他の後列は採用しないです。


・愛がすべてシャナ
2/2/7500。経験3で8500アンコールになり、シナジーでアタック時キャラ回収。
経験を満たせば優秀なアンコールアタッカーになるうえに、シナジーで回収と悪いところがないですね。対応も扉なのでデッキに組み込みやすいです。

このカードも大会ではレベル2のアタッカーとして3、4枚積まれていますね。

使用してみて一番感じたのは、ソウル2のアンコールは強いなぁと実感しました。
ダメージレースで優位になれますし、アンコールが付いているので盤面も安定します。
それに加え手札が増えるシナジーなので、かなり使いやすかったですね。

デッキに入れても良いのですが、今回は低コストで高パワーを発揮できるペルソナ装着を優先しました。また、ストック圧縮がしやすい構築ですし、シャナストールも採用しているのでCXはしっかり8枚戻したいことから採用はしていません。リフレッシュ直前に圧縮を崩したくないですし。

ただ、優秀なのは間違いないですし、今後もこのカードを採用する可能性は十分あります。


・この街での成長シャナ
前応援とレストして炎のキャラに+500する効果を持ったキャラ。
このカードも良く採用されていますね。

レベル0帯でアドを取りやすくなりますが、レベル1帯で後列に贄殿とシャナストールを並べるので最初から採用しないことにしました。あれば便利ですがなくても戦えるので。
あとはレストする点がシャナストールの効果とぶつかってしまうところですね。

ここからはデッキの動きを紹介します。


レベル0
対峙シャナや相打ちヴィルがメインアタッカーです。
ヘカテーも初手に出せれば割られない可能性がありますね。

移動や割れない高パワーキャラは相打ちヴィルで焼きます(ただしアイマスやDC音楽以外)

ロミオ悠二のクロック絆は、シャナではとてもありがたいですね。
手札を増やせるだけでなく、レベルを上げるのにも役立ちます。


キーカード
・一流の自在師マージョリー
登場時、炎のキャラ1体に+1500と1コストで確定ダメージを作る効果を持つキャラ。
1500パンプはこのカードも対象に出来るので、3000アタッカーとして使えます。
このデッキではこの街での成長シャナを採用していないので、レベル0から使える1500パンプは重宝します。
0レベ以降も使う場面が多いので、使いやすいキャラです。
後半の効果は最後の詰めに使うぐらいですね。


レベル1
アタッカーはヴィルヘルミナと刃シャナ。6枚と少なめですが、それぞれアンコール持ちなので一度でたら場は維持できます。アタッカーを引けない場合は、割れるところだけ割りましょう。
レベル2に上がり次第、ペルソナ装着で制圧すればいいので最低限の動きをすればいいです。

相手のキャラを割りつつ、シャナストールで必要なキャラを回収していく流れが理想です。
贄殿のおかげで相手のキャラは割りやすいので、確実に割って手札を整えましょう。

あとは刃シャナの経験を発動させるためにも、レベル置き場にはレベル3かペルソナ装着を置きます。

キーカード
・シャナ&アラストール
炎のキャラに+500する特徴応援と、2枚レストでキャラ1体に1レベ以上をリバースさせた時に手札交換を付与する後列キャラ。
このカードのおかげで必要なカードを手札に集めやすく、後の展開に困りません。
レベル3を集めたり、助太刀を使いまわしたりできます。
また、リフレッシュ前にCXを処理できたりと、使い方次第で非常に器用な動きができます。
全体500パンプも刃シャナと合わされば、1000パンプになるので全体のラインも上がります。
カムシンが出てからあまり見なくなりましたが、まだまだやれる子です。
個人的に好きな効果の一枚でもありますし、手札交換はホント優秀ですね。


レベル2
1レベのアンコールアタッカーに加え、ペルソナ装着ヴィルヘルミナで場を制圧します。
ペルソナ装着は絆持ちなので、やられてもすぐに展開し相手に余裕を与えないようにしましょう。

あとはアタッカーがソウル1しかいないので、CXを積極的に貼って盤面、ダメージレースを優位に進めていきます。

ここまでの展開にコストがあまりかからないため、ストック圧縮はある程度できていると思います。

キーカード
・ペルソナ装着ヴィルヘルミナ
2/1でシャナがいれば9000になるキャラ。また、絆持ちでもあります。
刃シャナや後列シャナがいれば10000は普通にいくので、このカードで相手キャラを割りにいきます。
絆元ですぐに回収できるので、助太刀を恐れず割りにいっていいです。登場コストが1なのでコストも溜まっていきますし、絆で手札を維持しやすいところもありがたいです。
使用してみた感想としては化物語の告白コンビに近いですね。


レベル3
溜まったストックからcip回復持ちを展開し、シャナ&悠二から詰めにいきます。
大いなる器のシナジーは相手の状況を見て使っていきたいです。

ある程度回復できるので、器のシナジーを使って決めにいくのかどうかの状況判断が重要です。決めにいくか回復するかの2択は、回して慣れていくしかないと思います(私も攻めの判断を誤った結果、代償として私自身が天破壌砕しました...)

キーカード
・シャナ&悠二
登場時2ドロー1ディスと経験5で、パワー+1000と1コストで倒したキャラをデッキトップに送る効果を持つキャラ。
前半の効果は手札の削り合いの時にありがたいですね。単純にクロックドローしたくない時も役立ちますし、なにより天破壌砕を引きやすくしてくれる。
本命は後半の効果ですがABのアンコールやリライトの身代わりなどを無効にしつつ、確定ダメージを作れるのが強いです。
パワーが+1000されるのも噛みあってますね。

・大いなる器シャナ
cip回復とシナジーで、相手をリバースさせた時に3コストと1ダメくらうことで再スタンドできる効果を持つキャラ。シャナというタイトルを象徴するカードですね。
シナジーの発動が相手をリバースさせた時なので、このカードを2体展開して2コストさえあれば5パンできます。
cip回復も持ってるので無駄になりにくく、決定力もあることから4積みしてます。
このカードで決めにいく時は返しはないと考えて、相手の助太刀やトリガーがのった場合のサイド調整など含めて確実に勝負を決めたいです。


CX
シナジー2枚の扉6枚。手札が減りやすいので扉は多めに積みたいところです。天破壌砕の枚数は個人で決めてください。


今回は低コストで盤面を制圧しつつ、溜めたストックを圧縮と回復に使う構築にしました。
回復でワンクッション置けるので、大いなる器のシナジーから決めやすくなっています。

シャナストールで必要なキャラも集めやすいので、安定して回せると思います。
色も赤だけなので色事故の心配はないです(3色デッキ使ってる側からすると、色事故ないのはホントにメリットだなぁ)

シャナは盤面を作っていく過程が好きです。
特に刃シャナとシャナストールの+500を積み重ねるところが個人的にお気に入りです(笑)
色も赤で染まるので派手ですし、強さ的にも良タイトルですね。

シャナは現環境でも十分戦えるタイトルなので、今後も活躍に期待してます(実際、去年準優勝してますもんね)

関連記事
スポンサーサイト
2013.03.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://slb74.blog.fc2.com/tb.php/12-4b767a44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。