上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんばんは。
明日はまたも雪のようですね...
苦労して雪かきしても、その努力をあざ笑うかのように積もる大雪・・・辛いです。
※ちなみに僕は雪かきの経験ないんですけどね(汗)

今回は2月12日(水)のショップ大会のレポになります!
参加店舗:ホビーステーション千葉店

使用デッキ:赤青なのは(ヴィータ軸)

各レベル帯のヴィータを軸とした8扉の赤青構築です。
なのはは今まで、フェイト軸やユニゾン採用のグッドスタッフなど構築して回してきました。
ヴィータ軸もなのは2nd As発売当初は構築して回していましたが、自分のプレイングが未熟なこともあって、少し回しただけで断念しました。
ただ前々から注目していた型だったので、あれから時間が経った今、本格的に回していこうと思ったので再び構築し直しました。

構築としてはストックが溜まりずらい事もあって、回復を最小限しか積んでいません。
そのため長期戦になる前に試合展開早めて、相手の選択肢を奪う戦い方を意識して回しています。
BCFに向けて煮詰めるデッキ候補の一つなので、この大会で実戦経験積んできます!


1回戦-黄赤AB
8扉のABとの対戦。

じゃんけん負けて、こちら後攻。
0帯は相手の引きが弱く、キャラが出てこない。
加速ヴィータの効果を使いながら、手札維持してこちら先上がり。

レベル1相打ち2面並べて後列に身代わりザフィーラを配置。
返しに神使出てくるもトップCX。
相打ちでダイレ枠開けて打点を通し、邂逅ヴィータで神使は見た目超えでアタックする。

相手は手札とストックが枯れて、こちらは2帯でダメ押しのレベル3ヴィータを早だし。
からのトップ盛りで、盤面を制圧する。
ストック・手札を狩りつくすも相手のキャンセルがレベル3から強く粘られる。
ただ3パンするのがやっとなので打点は足りず。
最後は2パンしかできないところまで追い詰めて、こちらの勝ち。

試合展開早めて、手札を枯らすことだけを意識しました。
狙い通り試合を運べましたね。


2回戦-青緑赤まどマギ
さやか軸のまどマギ(PRはまだ手に入れてないそうです)

じゃんけん負けて、こちら後攻。
集中ほむらで1パンに対し、こちらは加速ヴィータの効果を使いつつ4000フェイトとともに2パン。
返し4000フェイトが割られず、相手は2パンしてくる。

こちら先上がりから、レベル1相打ち2面並べて1000/1打って3パン。
返しクロアンさやか・5500さやかが出てくるも、1面割られず。
相打ちで空いた面にはレベル1相打ちを配置して、クロアンさやかには邂逅ヴィータをぶつける。

2帯はダイレ枠が2面空いていたので、レベル3ヴィータは早出しせず。
リフ前に、はやてからの贈り物で鉄槌の騎士ヴィータを回収する。

3帯は相手の手札が少ないこともあって、回復も1点までしかされず。
最後は鉄槌の騎士ヴィータ3面並べて、リフ前から握っていた対応CX打って、こちらの勝ち。

3面バーン込みのアタックを耐えられても、返し3キャンでした(その前に3面バーンで決められなかったら、凹みますけどw)


3回戦-赤緑ミルキィ
魔女シャロとハロウィンナイト・エリーの混合型。

じゃんけん負けて、こちら後攻。
この試合はひたすら相手の流れがわるく、ゲームにならないレベルでした。
最後はレベル2近く打点差がついてしまい、そのままこちらの勝ち。

終わった後、さすがにこれではヴァイスした気がお互いしなかったのでフリーしてました。
あれはどうしようもない(T_T)


決勝戦-黄赤SAO
前に津田沼ホビでマッチングしたSAO使いのシャエルさんとマッチング(大会レポート26の2回戦)
構築・プレイングともにかなり練り込まれたSAOなので当たりたくないなぁとか思ってたら、しっかり決勝まできましたね(汗)

じゃんけん負けて、こちら後攻。
相手は先上がり意識でドローゴー。
こちらとしては試合展開早めて、お互いギリギリの状況に持ち込んだ方がヴィータ軸は勝率がいいので、さっさと先上がりしてもらうためにアタックしたいところ。
ただ、先上がりから雨宿りアスナを出されると身代わり圏外までパワーを出せないorレベル1相打ちでも処理できないので、こちらもドローゴーで返すか悩む。
考えた結果、雨宿りアスナにマーカー食われると処理できず負けなので、こちらもドローゴーを選択する。
そのあとは相手は1パン続けて、こちらは5止めできなくなったタイミングで加速ヴィータの効果使って3パン。
1パン目に扉をトリガーし、加速ヴィータの効果も使って一気に手札が2枚増える強い動きで7枚維持。

結局、相手に先上がりされるもパーティー2面から対応シナジーで手札7枚。
こちらは後列リイン2面・前列2面邂逅ヴィータ・レベル1相打ちで1000/1打って2000助太刀圏外でアタックする。
返しに扉対応のリズ・ガウルリズ2面出てきてシナジーを打たれる。
相手「魔法少女現る(という名のリズシナジー)使います(^^)」

こちらもレベル2に上がり、お返しとばかりに
「魔法少女現る(という名のはやてからの贈り物)使います(^^)」
レベル3ヴィータと邂逅ヴィータを回収して、後列に身代わりザフィーラを配置して早出し。
2/1リズ盛って盤面を一気に取るも2キャン。

返しに2-5から3-2まで打点が入り、リフだめで3-3、8戻り。
マスターはやて2面出して回復し、アタックするも2トリガー。
相手もレベル3に上がり、3-0まで回復して1000/1。
1パン目の2点が通り、2パン目にバウンストリガーして正面のはやてを指定。
4点をキャンセルし、3パン目にアスナの効果で4点・・・通ってこちらの負け。

充分キャンセルする山札でしたが、返しに7点通せたかというと・・・1キャンされて耐えられていました。
勝つためにはもう1ターン耐えなければいけませんでしたが、回復できても1点だったので、結局こちらが先に力尽きてましたね。
しっかり早だしして盤面も取り合いしていい内容でしたが、振り返ると思うところはあります。
それは0帯の立ち回り。
相手のドローゴーに対し、こちらの戦いやすい早い展開に持ち込むためにアタックした方が良かったような気もします。
ただ雨宿りアスナを意識し過ぎたかなぁと思う一方で、結局出されたら1面割れずにどうしようもなくなるので、構築の時点で問題がありました(相手のデッキには、雨宿りアスナが採用されています)


ということで結果は、3勝1敗でした。
優勝賞品の15パックでアニマス剥きたかったのに残念です(2位にも何か商品ほしい...)

ヴィータ軸を回して思うのはストックが毎回カツカツなので、アラームリンディを採用します。
前から採用しようと思ってるんですけど、枠を作るのが難し過ぎて結局入れてないんですよね~。
ただ1ストックあるだけで動きにも幅が出ますし、まずは無理やり枠を作るところから始めます(笑)

あとは、じゃんけん全敗が地味に響く...(前回のラブライブの発売記念大会③も3連敗)
運なんで言っても仕方ないですけどね~。
といっても後攻からでも勝率取れてるのは自信になります!

次の大会はPRほむらも必要枚数分揃ったし、そろそろまどマギ使おうかなぁ。
他にもラブライブや物語・アイマスやゼロ魔(無意識選抜)・とあると使いたいタイトルはたくさんあるんですよね!
こんな感じでヴァイスのモチベは非常に高いタングステンなのでした~。
関連記事
スポンサーサイト
2014.02.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://slb74.blog.fc2.com/tb.php/138-530491e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。