上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
突然ですがBCF横浜&しろくろに行けることになりました!!
仕事の都合で今期も出れないと諦めていましたが、薄い確率引いて行けることに。
思えば最後に出た大きな大会は2014年の新春トリオ。。。
久しぶり過ぎるので全力で楽しもうと思います!!
ちなみに身内とトリオに出る予定です。

ヴァイスといえば始めてから、あと1か月ほどで3年経つわけですが思い返すとあっという間でした。
大学3年の夏に始めて今や社会人。。。感慨深い(。- _ -。)
大学時代からの身内とも未だにヴァイスを続けていますし、とても幸せなことですね。
ただ一人だけ仕事の都合でヴァイスを休止しているのが残念ですが、復帰する意志はあるとのことなのでいつ戻ってきてもいいよう腕が鈍らないように鍛錬しときます!


ヴァイスシュヴァルツに関しては環境の大きな変化とともに考え方も変わりましたし、何より昔のブログを読み返すと「上達したなぁ」としみじみ思います(笑)
ブログも再開したことですし以前は所持していなかったタイトルもあるので、今回はタイトル通り所持タイトルの近況について書いていきます。
ちなみに以前にも「所持タイトルの近況報告」の記事を書いていたんですね、自分。
ちゃんと更新してたんだなぁー(棒)
※気になる方はカテゴリの「ヴァイス関連」に記事があります。


-魔法少女リリカルなのは-

n2_w32_110.gif


My favorite title!!
版権絵で追加きた時はテンション上がりました!(できれば新規カードもっと欲しかったけど)
主人公3人のlv3 SSP+その他のRRRを集めるのに過去最高の出費をしたのも今となってはいい思い出です。。。

そんな全力全開フルレアデッキはなのフェイのバーンとショットによるワンショットデッキとして構築しました。
主役は往復バーンが可能な新なのは。

このデッキを構築した当時は全盛期ニセコイが環境を支配していて、マリカ複数面による圧倒的なまでの詰め能力から殺意が極まった環境でした。
赤城+響を要する黄緑艦これもトリオではニセコイとともに必ずチームに組み込まれていたことから、詰め能力のない回復キャラの採用率が著しく減少していた環境でもありました。
3-0からでもヤられるこの環境では回復よりも諭吉や羅針盤といった防御札が今まで以上に強さを発揮していましたね。

このような環境の特徴を踏まえて新なのはの往復バーンは強力な詰めとして活躍してくれました。
具体的にはなのは2面から詰めにいき、相手を3-6にさえすれば返しのバーンで仕留められる試合が非常に多かったです。
マリカや赤城といったリバース時詰め効果を回避できるのも環境的に強かったですね。

現在の環境はマリカや響に規制が掛かったため以前よりも回復キャラを採用しやすくなり、新なのはの返しのバーンで仕留める機会は減りました。
現環境用に構築を練り直していますが、まどか、ラブライブと比べると煮詰められてないのが現状です。
せめて集中フェイトが魔法指定だったらかなり変わるんですけどね。。。


あとは「ラグナロクブレイカー はやて」について。
今日のカードで公開された時から注目していて、このカードを軸にした構築も煮詰めていました。
アタック時前に相手キャラを選んでダメージを遮断するので、3帯の生存率だけを見るならトップクラスだと思います。
ただ回した感じ煮詰める価値はあるなぁと思わせてくれましたが、デッキの中心となるはやて・リインネームのスペックの低さが壁となり断念しました。
2コストサーチリイン、ユニゾンギミックなど使えるパーツもありますが、それだけでは厳しかったのが本音です。
新はやての効果を安定させるためにももう少しはやて・リインネームが充実してくれればメインデッキに成りえましたね。

追加があるなら、はやて・リインネームの暁やガウル、サーチ集中、オバスペcip回復ら辺が欲しいですね( )
冗談はさておき新はやては今後の追加次第で使い勝手が大きく変わるので実は一番期待しているカードです。

ということで追加楽しみに待ってます!
劇場版も控えているので追加は濃厚。
当然光物のために諭吉が何人もお亡くなりになるでしょうが必要経費ですね^_^


-物語シリーズ-

bm_s15_052.gif


偽物語の追加以降、忍を軸とした黄赤t緑8扉を使ってますけど、加速する環境のゲームスピードに付いていけずデッキケースに埋まってます。。。
回していて毎回思うのは経験や色発生が合わさって序盤が不安定過ぎるところですね。
毎試合しっかり色発生して経験6満たしてキャラ出して3パンできればいいですが、できない試合が恐すぎて少なくともネオスで使う気は起きないです。
序盤の不安定さを誤魔化すためにスローゲームを意識しても今の環境、0帯から3パンされることも多いのでそれだけで厳しい展開になることも多々あります。

ただ、地力はかなり高いので苦手なスピードゲームさえ何とかなれば!。。。
ということで一番欲しいカードは怪異指定の暁です。
暁きたら大会でも使います。

そんなわけで物語はフリー専用デッキになっていますが、美夏に潰されないlv3忍や蟹の焼き、ソウル減助太刀などニセコイには及ばないもののパワーカード目白押しな上に互換カードも少なく回していて楽しいので定期的に回してます。
そのたびに序盤の脆さに頭を悩ますんですけどね(笑)

追加に関しては偽物語以降もアニメ化しましたし、そのうちくるでしょうね。
暁とまでは言いませんが序盤の安定性を上げてくれるカードを熱望します!
具体的に書くとそうですねぇ、仕方ないのでオカ研で許してあげます。


-アイドルマスター-

im_s21_062.gif


なのはと並んで好きなタイトル。
劇場版の追加がくると同時にタングステンのアイマスはフルレアに変化した!!

構築は貴音選抜の赤青t緑8扉。
劇場版追加以降、ずっと貴音選抜で回してました。
貴音の強さはご存じのとおり、早出しのしやすさに尽きます。
追加で暁互換を得たため高確率で達成できる1リフから貴音早出しに繋げる動きが非常に強いです。
暁互換とオフまこが互いにサーチし合うので、序盤の安定性は化物です。

詰めも全体バーン付与春香やトップレベル参照のバーン美希により強化されたので、ワンチャンスなゲームもできるようになりました。
貴音早出しによる2帯耐久以外にも勝ち筋を得たことが大きいですね。
安定性がとにかく凄まじいので大会で使いたいですが、手札を増やすのが苦手なので初風選抜には分が悪いです。
トリオ環境に初風が蔓延していなければトリオで使う候補でしたが。。。


-魔法少女まどかマギカ-

mm_w17_082.gif


なのは、アイマスと並んで思い入れが深いタイトル。
大会で一番お世話になったタイトルで、今回のトリオでもおそらく使うことになるため調整中。

前に上げた記事で3つ構築を紹介して黄色採用に関してはデッキレシピも上げました。
そのあとトリオで使う候補として「まどかのために ほむら」を採用したさやか軸を回していました。
lv3の高性能キャラと願いで巻き返す構築で勝率もわるくはなかったですが、lv3までにどうしてもダメージレースで不利になる展開が多い。
lv2からチャンプが多くなるので当然なのですが、負けた試合は序盤・中盤のアド差を巻き返せないまま負ける展開ばかり。
相手の早だしに対しては美夏がありますが、チャンプで空いた枠やサイドで回避されるのはまだしも、美夏を打ってしまうと3帯でストックが圧倒的に足りない展開になります。
結局打っても打たなくても不利になることも多いですね。
ただでさえストックを消費するまどマギで美夏まで打つ余裕がないです。

あとは構築上、手札が非常に重い。
それを軽減するための林檎絆セットですが、スピードゲームされると絆セットでも誤魔化せなくなります。

もちろん上記に書いた弱点はスローゲームで補えますが、今の環境そんなことを許してくれるはずもなく。。。


というわけで最後の一つ、緑ストブと門の構築を今は煮詰めています。
ストックさえあればいいわけで先ほどあげた弱点を分かりやすく補うことができるのが緑ストブ対応です。
シナジーを打てなくてもストブを打てれば1ストック溜まりますし、門で拾えるので1試合に1回は確実に打てます。
さやかの早だしも無理なく採用できるので盤面も取れますし。
トリガーが多い上にCXを積極的に打つのでダメージレースも先行しやすいです。
初風の影響が全くないのもポイント。

逆に絆セットが抜けたので願いを4枚積まなくなり耐久力は少し下がりました。
その分、手札は軽くなるので一長一短ですが。


構築は固まったのでトリオに向けてひたすら回しています。
弄るとすれば美夏をもう1枚入れたいんですが枠がない。。。
扉を採用していないのでピン積みはあまりしたくないのですが、要調整ですね。

にしてもこの構築を前に紹介した時は書きませんでしたが扉以外の対応2種類のデッキはおそらく初めてです(笑)
最近はいい対応が多くてヴァイスが一段と楽しいです!


-灼眼のシャナ-

ss_we15_12.gif


自分の中でかっこいいタイトル、ナンバー1!
赤一色っていうのも拍車をかけてます。

ただ、物語と同じくデッキケースに埋まってます。。。
バーンメタがあるので構築はたまに練るんですけど、他のタイトルの調整に追われて結局回さないで放置が多いです。
ログホラと違ってlv2でバーンメタを配置できるのは大きなメリットなので、ソウル減シャナでバーンして相手のバーンを封じる動きは間違いなく強いんですけどね。

カムバックくるかもと期待してましたが、来るはずもなく。。。
とりあえず暁かアド集中ください、以上!


-とある科学の超電磁砲-

rg_w13_052.gif


新約13巻面白かったー!
最後のあの展開は予想してませんでしたね。

禁書カムバックも待ち遠しい。
やっと魔術サイドが強化されるので楽しみ過ぎてヤバいです。
魔術サイド強化まで長かった。。。

で、科学サイドですがデッキケースに埋まってい(ry
艦これが発売されてから久しく触ってない気がする。
焼きデッキ作った時に構築練ったので、触ってました。
今は触っていません。

魔術サイドはよ。


ということでPart2に続きます。
前回の更新から結構空いてしまったので、次はもう少し早く更新できるよう善処します。
来週はガルフレ発売もありますし。

それではまた次回!(この記事だけで何回「暁」と書いただろうか。。。)
関連記事
スポンサーサイト
2015.07.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://slb74.blog.fc2.com/tb.php/147-f5004bc1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。