上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今月から1カ月の振り返りを簡単にですが書くことにしました。
これで月に一回は必ず更新するようになりますね( )

今回は大きな出来事もあった8月の振り返りです。


-BCF横浜トリオ&アイマスタイトルカップ-

久しぶりに参加することができた大規模な大会。
結果はトリオ2没、タイカプ3落ち。

デッキの回りとゲームメイクは文句ないほど良かったにも関わらず、最後の最後で判断ミスして負けるという自分の弱さが前面に出た大会でした。。。
つまりプレイヤーが弱過ぎました。

来期は同じこと繰り返さないように修行して、是非トリオでレシピを載せたいです!
遠征も休みさえ取ることができれば、余裕で行くのですが果たして。。。



-2015年後期制限改定-

今月のトップニュース。
過去に環境で活躍したカード達が一斉に解除されました。
今のインフレした環境でどこまで活躍できるか注目ですね。

特にリライトの与える影響は大きいと思います。
全盛期時代に比べると脅威ではなくなりましたが、2/2ちはや2面チェンジからのハイビートは現環境でも強いことには変わりないです。
回復メタも最近増えている詰め+回復キャラに刺さりますし、トリオでは特に遭遇しそうです。
一方でリライトを叩き潰せるタイトルもディスガイア以外に増えているのも事実。
面白い環境になりましたね。



-現環境-

GFの追加が発売されるまでは艦これ/ニセコイの2強でしたが、追加後の名古屋大会以降はGF/ニセコイが2強となりました。
艦これはGF(青t赤)との相性の悪さから目に見えて減りましたが、以前カードパワーは高いので今後の環境ではGFを対策した新たな型が台頭する可能性は充分あると思います。
未だ暁あるタイトルで最強ですし。。。
逆に艦これが減ったことで復権するタイトルもあるので、来期の環境は上述の制限解除と相まってどうなるか非常に楽しみです!



-黄t赤GF-

トリオでも使用したデッキ。
スピードと安定性を兼ね備えたデッキなので、現状では来期もお世話になるであろうデッキです。
自分にしては珍しくこの手のタイプのデッキを一番信頼しているあたり、このデッキの恐ろしさを感じます。
レシピの解説は近日中。



-青t赤GF-

艦これを衰退させた元凶。
現環境のメタの一つ。
トリオでの仮想敵として急遽構築しました。

最初の方は何となく勝ってしまう感じで勝率も安定しませんでしたが、最近はプレイングと構築を見なおすことによりデッキのポテンシャルを発揮できるようになってきました。
環境トップメタの実力を実感できるようになってきた一方で、行きのパワーが心もとないのが一番の欠点。
控えストブを採用する都合上、行きのパワー不足は顕著に表れます。
うまく先上がりから盤面を形成したいところですが、相手もそう簡単に先上がりはさせてくれません。
そうなった時7500ラインを割るのも一苦労、助太刀で返され盤面ボロボロ、山も強くなく神楽坂でも巻き返せずにカボチャの5点バーンに頼る試合になってしまうのが負けパターン。
そうならないようにプレイングで補いたいところではあります。
とはいってもカボチャのワンチャンスで勝ちを拾える可能性があるだけ、やはり強いなぁと感じますが。。。

逆にこの型を相手にする時は行きのパワーの低さを突きたいです。
今後も引き続きプレイング精度を高めてこの型を研究したいと思います。
ちなみにこのデッキをWGPで使う気はありません。
ミラーになった時、自分では勝てる気がしないので。。。



-アイマス(赤青t緑)-


全解除されたアイマス。
解除後、最初に回した時の初手が素前×2、I want、移動あずさ、輝きあずさだったので、思わず笑ってしまった記憶があります。
素前を中心に調整する予定でしたが、あまり回せていないので詳しいことは書けないです。。。
素前の強い面、弱い面を実際に使ってみて勉強したいと思います。



-禁書目録(青t赤)-


魔術サイドに念願の追加(カムバック)がきたことにより、魔術軸でもそれなりのデッキを組めるようになりました。
作品もとても好きなので今回のカムバックは本当に嬉しかったです。

9月の金銀キャンペーンまで待つ予定でしたが、オークションで安く入手できたのでさっそく青t赤8扉で組みました。
魔術サイド最大の切り札「回復魔術」による粘りに加え、cip8500コンソール、擬似リフor1ドロー付き9000アタッカーのスペックの高さで、1週目さえ乗り切ることができるといい感じにゲームを進められます。

逆に盤面で負けるとせっかくの「回復魔術」が機能しなくなるので、盤面の維持は一つの課題です。
回していて楽しいので長く楽しめるデッキになってくれてよかったです。
完成したらデッキレシピを上げる予定です。



-SAO(青赤t黄)-

追加のきたSAO。
自分の構築で使えるパーツは加速リズセット、早出しキリト、サーチ集中あたり。
特徴応援リズと1/0加速リズで1コスト2枚回収という動きが強過ぎるので手札維持も集中に頼る必要がなくなりました。
加えて早出しキリトがいるので2帯からの打点不足も補えましたし良追加でした。

ただ、入賞したSAOのレシピを見ると加速リズセットは誰も採用していないんですよね。。。
現環境で有効な風が対応であるパーティーアスナを採用していると色の問題などから必要ないのかもしれませんが、明らかにおかしな性能をしているので自分は加速リズセットを軸に煮詰めます。

また、追加で登場した宝シナジーのユウキを軸としたSAOも多かったですね。
圧縮しつつ手札の質とアドを稼げるorサーチ集中のパンプ効果を活かせるのが強いですが、いかんせん返しのパワーが4000しかないのが気になります。
せっかくの2000カウンターも活きませんし、レベルが上がって相打ちが効かなくなっても上から踏まれるパワーでは意味を成しません。
贅沢言えばレベルパンプではなく、パワーパンプが良かったですね。



これら以外にも青赤t緑ラブライブ、赤緑t黄超能力、赤青t緑艦これ(響選抜)も煮詰める予定です。
進撃の巨人は兵団グッドスタッフ、リヴァイデッキ、巨人デッキを構築します。
煮詰めるタイトル多すぎですね。
一生ヴァイスしてたい。。。


今後もこんな感じで振り返りの記事を書いていこうと思います。
それでは。

関連記事
スポンサーサイト
2015.08.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://slb74.blog.fc2.com/tb.php/153-d24dd4c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。