上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
9月も終わりですね。
あと3カ月で2015年も終わってしまいます。。。ホント早い。

ということで今後このブログでは恒例となる「振り返り」です。


[新規タイトル]

-進撃の巨人-

久しぶりに買った新規タイトル。
発売してから二日間は身内のシノさんと巨人vsリヴァイ班で中央パワー2万の激闘をしていました(笑)
リヴァイ班は正直ネタデッキの域を超えなかったですが、巨人デッキがなかなか戦えますね。
巨人デッキのシンボルである超大型巨人の早出しは対抗できないデッキだと一方的に叩き潰されます。
ですが早出しメタ以外にも弱点はあるので、そこを突かれると脆い一面もあります。
ある意味原作再現。

巨人に関しては後列の女型の巨人のスペックがかなり高いですね。
全体1000応援にレストで1000パンプ。
さらにCXを打つと3ストック手札2枚で5点バーンと巨人のプールだからこそ許されているかのようなカードです。
正直、兵団に来てくれれば言うことなしでしたが。。。

巨人は格安で作れる割りに充分戦えるレベルではあるのでオススメのデッキです。
盤面の見栄えは良くないですが(笑)


対する兵団は原作再現から移動に関するカードが多く収録されているのが特徴ですね。
うまく戦術に組み込むと独特な動きができて面白いです。
そんな兵団のプールを見ると優秀なカードはいくつかありますが、パワーカードと呼べるものがほとんどないのが気になるところ。
プールも地味にかみ合っていない部分があり、それもあって環境は厳しいのが現状。
ただ飛び抜けた強さはないものの平均的な強さはあるので、進撃ならではの面白いカードを駆使して相手を翻弄したい。
要研究。



-ToLOVEる-

注目はやはり家事/変身。
値段も予想通り過ぎて笑えないですね。。。
スペックの高いパーツが多く、現環境に有効なカードもあり研究されてるプレイヤーも多いと思います。
レベル2で失速しやすいのと2面以上で高パワーを出しにくいことを除けば充分環境クラスのデッキです。

前回の記事では触れませんでしたが”お座り芽亜”について。
身内のToLOVEる使いに気付かされましたが、お座り芽亜は自身をクロックに置くんですね。
毎度のことながらトップ一枚をクロックだと思ってました。。。
これにより先攻でお座り芽亜で1パンし効果発動→集中の手札入れ替えでクロックのお座り芽亜を回収するというインチキくさい動きが可能です。

上記の芽亜と3枚削り・集中・1/1サーチイベントで1週目が早いので1リフも安定して決めやすいです。
2帯は早出しメタがあるとはいえ薄いので、山の堅さでカバーしたいところ。
あとは豊富なサーチ効果で安定してデッキを回せる半面、色の都合上控えに触れることができないので如何にして金色のヤミを集めきれるかが鍵。
赤城を集めるゲームと一緒。


ちなみに家事/変身とはまだ戦えてないです。。。
シノさん、早く戦いましょう^_^



-デレマス-

ついに登場!目玉商品。
過去の艦これ/ニセコイに続き、今期の環境を変えるかもしれない新規タイトル候補。
なおアイマスとは混ぜられないとのことですが予想済み。

すでにTDが3種類発売されましたね。
どれも過去のTDと比べてデッキのクオリティが高いです。
代表的なパーツは各種Lv3や花陽レベル応援の亜種、色指定一刀両断やジュピター互換など。
TDから優秀だとブースターも期待してしまいますね。

個人的にはLv3凛を使ったデッキを使ってみたいです。
単体11000にソウル減、シナジーで回復と単純ながらかなりの耐久カードです。
加えてジュピターまであるのでデッキを組む理由としてはもう充分。
盤面に長くいる程ソウル減の影響力は高くなるので、シナジー回復とジュピターは抜群の組み合わせです。

何より凛が強いのはソウル減と合わせてシナジーさえ打てれば回復できるところでしょう。
類似カードのスーパーレディ真+ジュピターのデッキを回すと複数展開からのソウル減で打点を抑えることはできるものの、回復を連打できるほどコストも手札もないことが頻繁に起こります。
ジュピターはできる限り相手ターンに打ちたいですし。

一方、凛は複数展開からソウル減で耐えて、返しにシナジーで回復できるのが非常に強い。
イベントを打った時のパワーは負けますが、単体11000なだけで返せる範囲は広い。
青万里花やGFの夏目みたくcip回復でシナジーによるソウル減だったらここまでの評価にはならなかったですね。
効果が逆なだけで耐久力が全然違います。


ブースターのカードも公開され始めてますね。
移動やオカ研、山5枚以下で早出しできるオバスペcip回復など公開されてますが、このあたりは最近では当たり前になりつつあるのが今のヴァイス。
ガウルもあるかな?

イラスト面では神埼蘭子が素晴らしい!!
人によって評価が分かれるカードではありますが、面白い効果であることは間違いない。

ちなみに自分の評価は使ってみたいけど大会では使いたくないカードです。
ノーコストで山削り、CXの枚数分バーンと悪くはないですが安定感がなさ過ぎる。
トップチェックで成功率は上げられるものの、バーンの威力も不安定で打点操作はまず無理。
一番評価を下げる部分は山のCXを参照しているところ。
ヒットしてもしなくても山を壊すところが強い行動とは全く思えないのです。
成功したバーンで決着がつけばいいですが決まらなかった時は無防備な山札が残り、ヒットしなければ今度はトリガーする確率が上がる。
回復もちでノーコスト山削り、バーンと状況によって化けるカードですが、対応CXを抱えてまで狙うシナジーではないかと。
このカードより堅実な詰めは収録されるでしょうし、どうしても同じ本対応でバーンor回復のシノンと比べると。。。うーん。

最初に書いた通りイラストが素晴らしいだけに使いたいカードですけどね。
効果も派手で面白いですし、他のパーツによっては評価が変わるかもしれないので期待したいところです。


ここまで書いといて実はデレマスには手を出さないタングステンP。
実はデレマス知らない勢なんです。。。
話題のソシャゲ「デレステ」から新たなPとして踏み出すのもいいんですけど、どっぷりハマっちゃいそうなので今は様子見。
他に煮詰めないといけないタイトルもあるので。
ただ、自分の数少ない知っているキャラの中で渋谷凛がお気に入りキャラなので凛目的に組んでしまう可能性はありますけど(笑)
凛のLv3が自分の大好きな耐久カードなのも拍車をかけてますね。
追加も期待できそうですし。

何にしてもデレマスは何かをやってくれそうな予感がする。。。



[最近調整している構築]

-青黄赤GF-

青t赤フレ・黄フレと構築しましたが、多色押しの追加がきたので3色GFを研究中。
皆の物語 夏目早だしを中心に据えて各色の優秀なパーツを合わせた構築で回しています。
夏目早出しのために盤面の色を調整するのに慣れが必要ですが、早だしから門対応できると高確率で2帯耐久ができます。
かぼちゃセットを自然に組みこめるので、レベル応援を配置し易いのも早だしと噛みあっています。
各色のパワーカードを無理なく採用した構築なので、当然のことながら安定して強いですね。
それが3色にする一番の強みなわけですが。

青t赤GF、黄フレが環境では活躍してますが、パワーカードの多いGFなので他の型も完成度の高いデッキを構築できます。
艦これと同じく次の制限改定で規制されたとしてもGFが環境から消えることはないですね。



-進撃の赤黄-

発売当初はリヴァイの再スタンドを採用した赤緑t黄で回していました。
無難に構築したので普通に強かったのですが、「普通」では連勝できないのが現環境。
また、進撃ならではの強みが皆無で環境上位タイトルの劣化にしか感じられなくなったので崩しました。。。

そこから再びカードプールを見なおして構築したのが移動ギミックに注目して構築した赤黄兵団。
一番の強みは相手のリバース要求の効果に絶大な耐性があるところです。
軸となるのはアタックフェイズ中、移動したキャラに1000パンプするミカサでパワーラインを上げつつ相手を翻弄します。
控え入れ替えの集中持ちなので山のケアをすぐにできるのも評価を上げます。
他には黄色の立体起動装置が思っていた以上に強いカードでした。
キャラ1体を他の枠に移動させつつ手札入れ替えをノーコストで行える上に、相手のリバース要求の効果を不発にさせることができるトリッキーなカード。
テキストを読んだだけでは伝わらない強さがあると思います。

まだまだ調整段階ですが進撃ならではの強さと面白さを兼ね備えたデッキに仕上がりそうなので引き続き調整します。



-赤黄t緑艦これ(響選抜)-

艦これで一番好きな効果、ストックブーストできる龍田を現環境用に組み直したら完成したデッキ。
お互い回復をロックしますが、こちらは龍田で圧縮を完成させてダメージで先行しつつ最後はショット複数面で決めます。
回復をロックした状態でのショットはやはりエグい。
加えて龍田で0キャラをストックに埋めるので、武蔵ショットの威力にも貢献しています。

CXの構成は龍田の対応である扉は確定として、残り4枚は青フレを意識して風にしています。
まぁ青フレを抜きにしてもこの構築と風は相性がいいのでこの構成にしていますが。
というのもこの構築では盤面が取れない場面が多いですが、風で盤面をあけて打点を伸ばしつつキャラを残して返しの打点を抑えることができるので風をトリガーして無駄になることが少ないです。
龍田による圧縮でトリガーする確率も高いですし戦術に組み込みやすいところも良い。

手応えを感じている構築でしたが、家事/変身に対して分が悪そうなのが向かい風。
実際戦っていないのでただの予想ですが。。。



9月を振り返るとこんな感じ。
本当はショップ大会に出た結果とかも書けたらいいのですが出れないことには仕方がない。。。
ヴァイスも今までで一番やらなかった月かもしれない。。。
ヴァイス欲求ヤバいです(笑)

ではこの辺で。
また次回!

関連記事
スポンサーサイト
2015.09.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://slb74.blog.fc2.com/tb.php/155-66430644
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。