上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
はい! ということで早速デッキレシピを公開したいと思います!

記念すべき最初のレシピは、自分のメインタイトルである「魔法少女リリカルなのは」から なのは&フェイト デッキです!

自分が初めて組んだデッキがこのタイトルであり、念願の追加ブースターが初夏に発売される自分の中では最も熱いタイトル!!今回はそのタイトルで人気が特に高い、なのはとフェイトを中心に組んだ原作通りの熱いデッキの紹介です。

Lv0 キャラ18枚
(黄色)
代わりの人形フェイト×3
使い魔アルフ×3
(赤)
戦闘教官ヴィータ×4
中学三年生のなのは×2
魔法少女なのは&フェイト×1
(青)
ヴォルケンリッター ザフィーラ×3
レティ・ロウラン×2

Lv1 13枚
(黄色)
戯れるフェイト&アルフ×4
ひたすらに一途フェイト×2
友達フェイト×1
(赤)
ヴィータ&ザフィーラ×4
(緑)
マリエル・アテンザ×2

Lv2 3枚
(赤)
なのは with レイジングハート・エクセリオン×1
(青)
守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ×2

Lv3 8枚
(黄色)
雷光フェイト×3
(赤)
揺るぎ無い意志なのは×3
分け合う気持ちなのは&フェイト×2

クライマックス 8枚
(黄色)
理想との決別×3
(赤)
扉×5


なのフェイのデッキはヴァイスを始めた当初から構築してましたが、今はこのレシピでまわしています。

大きく変わったところはレベル3の構成ですかね。当初は魔法訓練を4枚積んでいて、レベル3で雷光のシナジーとともに使用して一気に決める構築でした。が、やはり魔法訓練を手札に集めつつ場を維持するのは難しかったため、全て抜いてレベル3なのはと分け合う気持ちを積みました。決める力は多少落ちたものの、安定度は段違いに上がりました。

同時になのは成分も増えたので、より なのフェイ になりましたし。(本当の理由はやっぱり、この二人のレベル3を並べたかったんですw)

基本的な動きとして、序盤はフェイトの高パワーで場を制圧しつつ終盤の準備、レベル3になって なのは とフェイトの効果で一気に決めに行くといったところ。レベル3なのはとフェイトは効果も派手なので、終盤は特に熱いですね!


レベル0
主なアタッカーは4000フェイトと相打ちヴィータです。使い魔アルフ・ヴォルケンリッターザフィーラ・レティ・ロウランとパワー+1000するキャラがいるので、4000フェイトはできれば後出しから相手の高パワーキャラを潰しにいきたいです。

相手の移動キャラに対しては魔法少女なのは&フェイトで対処(一枚しか入ってませんが...)

手札を増やす手段をあまり投入していないので、レベル0では手札をできるだけ温存したいです。

キーカード
・使い魔アルフ
フェイトに+500と自ターンのみ自分のキャラに+500の後列キャラ。このカードのおかげで各種フェイトが+1000され序盤から高パワーで攻めていけます。手札が割と厳しいので場アドを取りやすくしてくれるこのカードはありがたいです。ただし、パワーは500しかないので簡単に焼かれます。その点を踏まえても優秀ですが...
当初は4枚積んでいましたが、終盤ザフィーラの方が優秀な点で一枚減らしました。
理想は2枚並べることですが、1体でも十分です。終盤はチャンプ要因で。

・ヴォルケンリッターザフィーラ
前列の中央のキャラに+1000するキャラ。利点は場所問わず効果が使える点と全てのキャラが対象なところ。
序盤から終盤まで活躍するキャラで、特に終盤はなのはも対象になってくるため、アルフより優先度は高いです。
終盤のパワーラインが低いこのタイトルでは、非常に重宝するキャラで地味な能力ながら頼りになります(さすがザフィーラさんやでぇ~)また、貴重な青発生要因。

・中学三年生のなのは
アタック時フェイトに+500と雷光フェイトの絆元。このカードの優秀なところは、フィニッシャーである雷光フェイトを回収できるところですね。また、地味にアタック時フェイト全体に+500出来るので、無駄がないです。
手札維持にも貢献してくれるので出来るだけ効果を使っていきたいところです。


レベル1
このレベル帯でのアタッカーはバニラフェイト2種とレベル1相打ちヴィータです(またか!なのは何処~?)

レベル1相打ちは先上がりして並べる方が効果があると思うので、先上がりの場合はヴィータを展開して、相手をけん制。相手先上がりの場合はフェイトの高パワーで場の制圧。フェイトの運用はレベル0と同じですね。

返しはフェイト・なのは限定の2500助太刀があるので、出来れば握っときたいです。

注意点としてはレベル0ザフィーラと1/1/7000フェイトは魔法を持っていないので、ヴィータのパワー上昇効果が発動しない可能性があること。ただし、発動させるために無理に魔法持ちを展開する必要はないです。

終盤にかけて息切れしないためにも、このレベル帯で出来る限りアドを稼ぎたいです。

キーカード
・戯れるフェイト&アルフ
効果なしの1/1/7000ですが、ネームが優秀。アルフの効果を受ければ8000は楽にいくので、このキャラで場アドを取ります。魔法を持ってないのが残念なところ(まぁ私服かわいいから許すけど...)
枚数は確実に出したいので4積み。

・ヴァータ&ザフィーラ
レベル1相打ちと他の魔法のキャラが3枚以上で+1000。レベル1がフェイトに頼りがちなこのタイトルではありがたい一枚。
高パワーなキャラはフェイトで、他はこのカードで狩るといった感じでの運用です。基本的に自分から相打ちは取りにいかないです。レベル1相打ちは相手に倒してもらった方がダイレ枠も出来ておいしいので、先上がりからこのカードを並べると相手は結構嫌なはず。
ただし、最近増えてきたアタック時にレベルを上げるカードやレベルパンプ応援には無力なので、相手のタイトルによって展開していきます。

・友達フェイト
1/0/1500助太刀に加えて、場に なのは を含むキャラがいればお互いのデッキを三枚削る効果。削るタイミングが助太刀を使ったときなので、クライマックスがトリガーで出過ぎた時もリカバリー出来ます。また、相手のデッキも削るので、雷光フェイトで決めやすくもなります。終盤は手札に握っておきたい一枚ですね。
話しは変わりますが、このデッキ、集中が入っていないんですよね...もちろんいるんですが使いづらいものばかりで...ブースターが出る暁にはレベル0で使いやすい集中が是非出てほしいです!!という希望を込めて集中は入れません(笑)
注意点は序盤に なのは が少ないので、削る効果が発動しづらいところでしょうか。まぁクライマックス事故が起きたらレベル3の準備をすればいいです(投げやり...)
枚数については攻めにも守りにも使えるので、もう一枚増やす予定です。貴重なデッキブレイクですし。


レベル2
レベル1の延長線です。チェンジを一枚採用していますが、チェンジする場合は倒されない確信がある時と相手がバウンスを採用していない時です。ただでさえ手札ギリギリなので、チェンジによるアド損だけは避けたいです。

チェンジ後は後列はレベル応援、手札には助太刀を握った状態なら安心です。ザフィーラがいればレベル3なのはが中央で12500になり、助太刀込みで15000いくので割られる確率はかなり少ないです。


当初は全力全開なのはを採用していましたがストック消費が激しいことと、意地っ張りアリサを採用してないので使い捨てになってしまう点で抜きました。強いんですけどね。

チェンジ元の採用理由はサインの絵がお気に入りだからです!それ以外なし!(何っ!)

キーカード
・守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ
なのは では貴重なレベル応援。また、レスト2コストで1点回復。このカードのために青をタッチしています。
まず、パワー不足を補える点で採用。二つ目の効果も非常に優秀で、実用的なレベル3キャラの回復に乏しいなのはでは、終盤余ったコストで回復を選択できるのが強い。個人的に全タイトルのレベル応援の中でトップクラスの効果だと思います。
唯一の欠点は色。青に実用的なカードが少なく、色発生が少し面倒。ここら辺は経験でカバーするしかないですが。


レベル3
複数の展開パターンがあるレベル帯。当初のデッキは魔法訓練使って雷光シナジーを狙うだけでしたが、このデッキでは違います。

ダメージにもよりますが、優先したいのは分け合う気持ちなのは&フェイトからの展開です。

分け合う気持ち2体展開からのレベル応援とアルフの効果で随時13000以上になります。これで相手の場を崩していきます。まぁレベル3でライン立てても回復力が低いなのはではあんま意味ないですが、1ターン耐えればいいので次のターンのための盤面制圧ですね。

レベル3なのは はcip回復要因です。基本5点バーンは最後の手段ですが、相手のクライマックスの状況によってはSLBをぶっ放してもいいです(笑)

レベル3を1ターン耐えて相手のクライマックスを減らしてから、雷光フェイト登場から詰めにいきます。雷光でソウルが上がるので、サイド調整もしやすいはずです。

悪魔らしいやり方で全力で相手をレベル4にしましょう!!

キーカード
・雷光フェイト
このデッキの切り札。登場時、自分のキャラ全てにソウル+1。また相手の効果に選ばれず、クライマックスシナジーで前列にこのキャラがいる場合、相手の控室から2枚まで選んで山札に戻す効果を持つ。さらにそのターンパワー+3000。そして、ヴァイスの中で一番好きなカード!!(聞いてない...)
シナジーは非常に強力で相手の山札が少なくクライマックスがほとんどない状態で使った場合、ほぼ勝ち確。ただし、相手依存なので逆圧縮してもキャンセルされる時はされます...
シナジーの性質上、複数展開すればするほど相手の逆圧縮になりますが、登場時ソウルも上がってしまうので相当高いプレイングを要求されます。
経験上出した次のターンにシナジーを使うのが効果的です(ただし、1ターン守りきらなければなりませんが。その前に勝負が終わる可能性も...)
使いこなすには経験とセンスが必要ですが、このカードの効果を最大限生かせるようプレイングを鍛えれば、逆圧縮とソウル上昇による打点調整のしやすさから最高峰のフィニッシャーになるはずです!!
ちなみに自分はまだ扱いきれてないです(笑)

・揺るぎ無い意志なのは
登場時cip回復とアタック時6コスト(周りのプレイヤーの魔力)払って、相手に5ダメージを与える効果。まさにスターライトブレイカーですね。
しかし、6コストはやはり重いのでホントに最終手段です。そのコストでシャマザフィの回復効果使いたいですし...
評価できる点は現状なのはだけのレベル3という点とcip回復持ち、効果の使用にクライマックスを必要としないところでしょうか。

・分け合う気持ちなのは&フェイト
登場時、控え室から魔法キャラを回収と、他の分け合う気持ち なのは&フェイトに+1000する効果。
前半の効果のおかげでこのカードを一枚握っておけば控えからこのカードを回収し、2体目でレベル応援やレベル3キャラ・助太刀を握ることができます。
なによりコストさえ足りれば、このカード一枚から理想の場に持っていけるのが優秀です。パワーラインも前述した場が出来れば13000以上いくので、一気に制圧できます。
3枚展開が一番パワーが上がりますが、レベル3でそこまでする意味が薄いことと、一面は雷光や揺るぎ無い意志を出したいので2枚採用です。
採用理由は回収能力からの展開によるパワーラインの確保ですね。


CX
クライマックスの枚数構成は変えても構いません。自分の場合は、理想との決別はレベル3で使うシナジーですので3枚、後は手札を増やしたいので扉という構成です。


最後に余談ですが、個人的に なのは で現環境を戦うのは厳しいと思います。弱いわけでは決してないんですがね(あと一歩何かがほしい!)最後のブースター発売から2年半以上経っているので仕方がないですが...
ただ、優秀なパーツも多くあり、ネームシナジーも強力なので初夏のブースターの内容次第では相当化けると思います。

なのは のデッキはたくさん構築したので、これからも公開していきたいと思います!

ではでは!
関連記事
スポンサーサイト
2013.02.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://slb74.blog.fc2.com/tb.php/2-3f69a76d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。