上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今回から各タイトルの主要カードをまとめていこうと思います。

ただし、プレイングやデッキ構築などの考察はやりません。
あくまで抑えときたいカードを自分の確認のために書いていくだけです。
このカードも主要カードじゃない?という意見もあると思いますが、主観ですのでその辺を考慮して読んで頂ければと思います。
意見などありましたら気軽にコメントしてください。

以上のような感じで書いていきますが、何かの参考になれば幸いです。
ということで最初のタイトルはAngel Beats!にしました。
去年のWGPで優勝したタイトルであり、全国での使用者が最も多かったタイトル。
基本戦術はアンコールビートですが、強力なカウンターや圧縮&キャラ回収のイベント、事故防止の助太刀や決定力が凄まじいフィニッシャーなど兼ね備えています。
規制候補の最上位に挙げられてましたが、まさかの規制なし...以前その力は衰えず。


レベル0
・解けた葛藤ゆり

死のキャラに+500と死のキャラがリバースした時、キャラ1体に+500する後列キャラ。
終盤まで腐ることのない能力を2種類持っています。
このカードが複数並ぶと、それだけで厄介な盤面になります。
手札を維持するためにも、少しでも割られづらくするこのカードはABにとって重要なカードです。

ab8.gif


レベル1
・神の使い天使

1/1/7500。登場時トップが死のキャラでない場合、アンコールステップの始めに控室に置かれるデメリットを持ちます。
レベル1の主力アタッカー。絆元もいるので回収は容易です。
登場時に不安定要素がありますが、成功すれば2枚目も安全に出せます。また、失敗しても控室に置かれるタイミングがアンコールステップなので最低限の仕事をすることが可能です。
歌うたや見送る役目の存在により、このカードがレベル1で異常に堅い壁になります。
ただし、手札を消耗したくないABにとってデメリットの存在は大きく、採用するイベントの枚数に気を配る必要がありますね。


ab7.gif


・皆を見送る役目かなで
死のキャラにアンコール付与とレストでキャラ1体に+1000する後列キャラ。
二つの能力が非常にかみ合っている優秀なカード。
行きはパンプでキャラを割りにいき、返しはアンコールで盤面を維持します。
せっかく倒した神の使いが何度もアンコールされるのは強力そのもの。
とあるの冥土帰しが証明しているように、強力なキャラたちにアンコールがつくのは厄介極まりないです。
総じてABの盤面の強さを支えているカードの一枚。


ab1.gif


・歌いたかった歌
1/1のイベントで死のキャラに+3500するカウンター。
ただでさえ高いレベル1のラインをさらに上げるカード。イベントとはいえ3500という修正値は破格です。増してレベル1で使用可能なので。
後列に葛藤ゆりを置いた状態で神の使いに使えば、パワーが11500まで伸びるのでうかつに手が出せません。(実際は手札削るために使わせにいきますが)
手札アンコールとは相性が悪いですが、それでも採用したい強力なカードです。


ab3.gif


・オペレーション・トルネード
1/0のイベント。3枚集中でキャラを回収。ただし、回収対象はめくれた死のキャラの枚数以下のレベルを持つキャラのみ。
ノーコストで山札を削りながらキャラ回収できるという、二つの能力がかみ合い過ぎているイベント。
死のキャラがめくれた枚数だけ高レベルを回収できるため、CXを対象とした集中と違い成功率が段違いに違います。レベル1でこのカードを複数使い、デッキを削りながら各種必要なキャラに繋げる動きはヤバいですね。
ただし、神の使いが落ちる可能性を上げるので、歌うたと合わせて採用枚数を考えないといけません。
集中とキャラ回収を同時に行えることで安定性が上がっているように見えますが、神の使いが落ちる可能性も上がっているので難しいところです。(神の使いを採用しない構築なら気兼ねなく使えますが)
WGPの優勝者の方のようにオペトルを採用しない選択も必要ですね。


ab6.gif


レベル2
・百人力の手練 椎名

このカードの助太刀使用時、2コストで擬似リフレッシュすることができる2500カウンター。蒼鬼など効かぬ!!
擬似リフレッシュの発動タイミングが助太刀を使った時なので、CXの状況を見て使うことができます。
たとえ前のターンにCXをトリガーし過ぎても、このカードを使えばトリガーしたCXを落としつつ擬似リフレッシュすることができるのでCX事故に非常に強いです。
相手にダイレクト枠が一つでもあるなら、このカードの存在を警戒してアタック順を考えなくてはなりません。


ab4.gif


レベル3
・理不尽な運命への抵抗ゆり

ソウル-1とアタック時4コストでこのカード以外のキャラを好きな枚数控室に置き、置いたキャラの数×1点バーンを相手に与える理不尽な効果を持つ。通称ゆりバーン。
このカードにより1~4までのバーンを打てるので、相手のクロック枚数に応じた打点調整ができます。控室に置くキャラはリバースしてても良いので、チャンプアタックしたキャラも対象に取れます。当然後列のキャラも。
CXシナジーを必要としない点も優秀です。やはり1枚で完結してるフィニッシャーは強いです。

今まで何人のプレイヤーがこのカードの前に倒れてきたのか...
数々の理不尽な運命(キャンセル率、キャラ事故)を覆し、逆に相手に理不尽なバーンをぶち込むゆりっぺ。
このカードの存在によりABとの試合は最後まで何が起こるか分かりませんね。ワンチャンス作る効果が恐ろしく強いです。
アタック時に4コストなのでこのカードの登場コストも含めると、4コストあればバーンに繋げられます。そのため相手のコストには早いうちから気を配ります。コストを使わせるためにカウンターを打たせるプレイングもしますね。
ABと戦う際には、間違いなく要注意カードの1枚です。


ab5.gif


・単独行動ゆり
cip回復と扉シナジーでアタック時、1コストでキャラ回収と相手ターンの終わりまでキャラ1体を+3000。また、チェンジで出せます。
ABにとって貴重な手札を増やすシナジーであり、なおかつ対応は扉という素晴らしいキャラ。パンプ効果もパワーが確保でき、キャラも生き残りやすくなるのでABの弱い面を補強したカードですね。
シナジー持ちのキャラの弱点である対応CXを打たなきゃ効果を最大限発揮できませんが、cip回復持ちでチェンジでも出せるので扱いやすいカードだと思います。
余談ですがABで一番好きな効果・イラストです!


ab10.gif


・結弦の心臓かなで
cip回復と倒したキャラを思い出に飛ばす効果を持ちます。
ミラー対決や他タイトルのアンコール持ちを封じれるので、シンプルながらも強力な効果です。
発動も任意ですので、相手の記憶達成を助けることもないです。


ab2.gif


・憧れの実現ユイ
cip回復とキャントリシナジーでアタック時、死のキャラ全てにパワー+3500。また、思い出に音楽が2枚以上ならパワーが+1000される効果を持ち、擬似チェンジで出すこともできます。
擬似チェンジはこのカードとチェンジ元、対応CXを3枚手札に揃えなければなりませんが、実質1コストでこのカードにチェンジできます。
そのままこのカードのシナジー効果も使うことができるので無駄がないです。
シナジーは3500パンプと大きく、複数このカードを並べた状態でシナジーを使えば強力な相手の盤面を簡単に崩せますね。


ab9.gif


というような感じで書いてきましたが、主要カードの紹介は以上です。

全体を通してみると、やはり安定性があります。それでいて強力なフィニッシャーもいるので依然として環境上位タイトルですね。(唯一の不安定要素は神の使いですね(笑) このカードに泣かされるAB使いの方も多いのでは?)

次に紹介するタイトルはリライトかディスガイアにしようと思います。
※強さ順に紹介してるわけではないです。

関連記事
スポンサーサイト
2013.03.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://slb74.blog.fc2.com/tb.php/27-58a6e250
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。