上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今回で3回目となりましたタイトルごとの主要カード紹介の記事です。
さっそく紹介に入りたいところですが、その前にまたも補足説明。
同じ効果でもタイトルによって取り上げないことがあります。例、移動・相打ちなど。
ですので取り上げない意図を読み取ってもらえればと思います。(補足ばっかしてますねw)

それでは、どうそ!
今回紹介するのはディスガイア。超魔王ラハールが2012年後期制限改定で2枚制限になりましたが、新たに青を採用した型が環境で活躍しました。
全国大会でもディスガイアは年々増えてますね。
ディスガイアは強力な回収や擬似リフレッシュ、凶悪な除去能力でゲームをコントロールしてくるタイトルです。手札を安定して捨てる手段がないのが欠点ですが、それを差し引いても安定した試合運びができます。
そして!ディスガイアに追加パックが来てしまったので、上記の欠点を克服した上で強化されるでしょうね...危ない匂いがする...
使用者も増えるでしょうし、大会で勝ち進むためには対ディスガイアは考えなくてはなりません。


レベル1
・ラハール&マオ

1/0/5000。登場時 相手の控室からCXを1枚戻すことで、このカードのバトル相手がリバースした時 控室からキャラ回収できる効果を持ちます。
ディスガイアの安定性を押し上げているカード。
相手の不確定なキャンセル率を上げて、こちらは確定のノーコスト回収。
キャンセル率上がったー!とは喜べませんね(笑)
この効果は任意なので使わなくてもいいですし、序盤なら不確定のキャンセル率上げたところで痛くありません。
ノーコスト回収の強さは説明する必要ないですね。臨機応変に対応できる強カードです。


dg2.gif


・元 天使フロン
悪魔限定の全体アンコールとこのカードが控え室に置かれた時、控えのCXが4枚以上なら1コストでキャラ回収。
全体アンコールの強さは説明不要。後半の効果も強力で条件を満たせば1コストで回収できます。強い...
前列でも後列でも腐ることのない優秀すぎる能力ですね。


dg4.gif


・飛天無双斬
1/0のイベント。自分のレベルを一つ上げるかわりに、相手のキャラ全てのパワーを-3000するという狂カード。
対ディスガイアで最も警戒しなければならないカード。無警戒で戦ってると一撃で持ってかれます。
-3000という数値はレベル1までの大抵の後列キャラを焼き、前列キャラのパワーも大幅に下げる恐ろしいものです。レベルが上がるのもデスコのチェンジに繋げられたりとメリットに変えることも容易ですね。
非常に強力なカードですが、使うタイミングを見極めなくてはならないカードでもあります。

効果の性質上、打てるのはレベル1とレベル2の時ですが最も警戒すべきはレベル1での飛天無双斬です。
このカードの強さは-3000という大幅な数値でもありますが、何より強いのは相手のプレイするカードを縛るところです。
相手がディスガイアだとしたら当然、飛天は警戒すべきカードです。貴重な後列キャラにも気を配り、あえて出さずに堅めにプレイするでしょう。
しかし、相手からしたら飛天を打つかはこちらが決めることで、その間にアドを取りにいけるわけです。

飛天を打たせないためにCXを使ってレベル2にしたり、貴重な後列は極力出さないでプレイしたりなどのプレイングも大事ですが、一番重要なのは飛天を打たれた後のリカバリーです。
レベルを上げようとしてもキャンセルされる可能性はありますし、強いディスガ使いの方は相手に 飛天を打たれたくないけど展開するしかない状況 に持っていくんですよね。
ですので飛天を打たせないプレイングも大事ですが、飛天を打たれても盤面をリカバリーできるプレイングやカードを握っときたいです。


dg1.gif


レベル2
・ビューティー男爵 中ボス

山札が5枚以下なら擬似リフレッシュして、相手に1点バーンを与える効果を持ちます。また、リバース時、このカードを山札に戻すことができる効果も持っています。
擬似リフの強さも説明不要ですね。リフダメ受けないんで擬似的な回復になり、圧縮を崩さず展開できる強い能力です。
そして、このカードは擬似リフした上で相手に1点バーンを与えるというおまけ付き。訳が分からないよ...


dg5.gif


・最凶の魔王ラハール
2/2/7500。手札アンコールとストブシナジーでアタック時、パワー+3000と相手のキャラをリバースさせたら1点バーンできる効果を持ちます。
バーンシナジー持ちがアンコールされるのは、厄介この上ないですね。
素のパワーが低めですが、シナジーで3000上がるのでリバースさせやすくなっています。
対応CXがストブなのが残念なところですね。
超魔王が2枚制限になってからこのカードの採用率が減りましたが、厄介なことには変わりないです。


dg3.gif


・ラスボス修行 デスコ
最終兵器 DESCOのチェンジ元。また、本シナジーにより1コスト払うことで、相手のコスト0以下のキャラをボトムに置く効果を持っています。
シナジーは後列も対象に取れるので、アンコール付与天使や身代わり咲夜などの強力な後列に対処できます。
チェンジタイミングはアンコールステップなのでシナジーを使用した上でチェンジできます。
ただし、手札を捨てない2コストチェンジなので擬似リフとの相性は悪いです。


dg8.gif


レベル3
・超魔王ラハール

cip回復とこのカードを思い出にすることで、控え室から悪魔か天使のキャラを2枚回収できる効果を持ちます。
回復した上で2枚手札が増えるんですから、弱いはずがないです。
無制限の時はこのカードで回復ループ出来ましたが、現在は2枚制限。
ループは出来なくなったもののDESCOで回復したり、中ボスに繋げるなど強い動きは今でも出来るので必須カードですね。


dg6.gif


・最終兵器 DESCO
3/2/9500。cip回復と正面のキャラのレベル×500パワーが上がる効果を持ちます。また、デメリットとして登場時、自分のキャラ1体をレストしなければなりません。
悪魔持ちのcip回復というだけで価値があります。超魔王で回収できるんで。
パワー上昇効果もレベル3を相手にするときは11000なんで、十分戦力になります。


dg7.gif


ディスガイアは豊富な回収手段から必要なカードを回収した上で、飛天やデスコシナジーでこちらの盤面に強烈に干渉してくるんで戦いづらい相手です。
個人的にはABやリライトを相手にしてる方がまだ楽ですね。

ディスガイア側からすると状況によって回収するカードやプレイするカードの選択肢が多いんで、そこでプレイヤーの力量が試されますね。
癖のあるディスガイアの強さを完璧に物にしたプレイヤーとは大会では一番当たりたくないです(笑)
ですが避けては通れないんで、対ディスガのプレイングを地道に磨いていきます。

ここまでAB・リライト・ディスガイアを考察してきました。今の環境は見た感じこの3つが中心ですね。

これから考察するタイトルは環境で見かけるタイトルを気分次第で考察する予定ですが、考察してほしいタイトルがありましたらコメントしてくだされば優先して考察しようと思います。
関連記事
スポンサーサイト
2013.04.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://slb74.blog.fc2.com/tb.php/33-b8773b6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。