上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2回連続 主要カード紹介の記事です。
今日のカードを除いて、出来る限り同じカテゴリーの記事は避けているんですがネタがないっていう...

大会は出る頻度少ないし、ブログのネタのために出たくはないんですよね。(予告!なのは発売前になのは・フェイト・はやて3人のデッキで大会に参加してこようと思います。勢いを見せてやる!!)

あとは単純に主要カード紹介が楽しいってのもありますが。(笑)
なのはが公開され始めれば、なのは1色になると思うんでそれまでの辛抱ですね。あと少しだ...

さて、主要カード考察は今回で5回目ですが、結局そのタイトルのトップデッキのカードばかりになってしまってますね。
やっぱり自分の確認用ということもあるので、そうなってしまうのは仕方のないことなのかもしれません...
それでも構わない!という方は是非、これからも見ていただければと思います。(笑)
ミルキィホームズは全体的に優秀なカードが多く存在するタイトルです。
集中が存在しないことが弱点に挙げられますが、それ以外では高水準なスペックを誇っています。
コーデリアのお花畑が現役のころは、レベル3での超回復と盤面制圧を武器にした探偵デッキが環境で猛威をふるってました。
お花畑が禁止になってからは環境で目立った活躍はないものの、高いデッキパワーは健在でした。
そんな中 突如として追加された強力な2種類のPRカードで、ミルキィは息を吹き返すことになります。
過去の回復力が取り柄のミルキィから、バーン要素を兼ね備えた新しいミルキィが注目を集めました。
そんなミルキィが現環境でどこまで躍進するか見物ですね。


レベル0
・活発なネロ

けなげでひたむき シャロの絆元で登場時2コストで控室から探偵を回収できる効果を持ちます。
強力なレベル3である けなげでひたむき シャロを回収できるだけでなく、コストさえ払えばさらにもう1枚回収できるという手札確保の要。
2つの回収効果を使えば3コストですが、ミルキィは今やノーコストで強力な盤面が作れるのでそこまで重くありません。
逆にストックに埋まったCXを掘れるので、状況に応じて効果を使っていけます。
総じてハンドアドを一気に稼げる強力な回収キャラです。


mk4.gif


レベル1
・恥ずかしがり屋エリー

1/0/4000で登場時、探偵のキャラ1体に+1500できます。また、キャントリシナジーでアタック時、相手の前列のキャラを-2000することができます。
対応が2000/1なので、合計で5500の修正値を与えることができます。
キャラを割るのが楽になるのはもちろんのこと、これまたノーコスト。強いのう...


mk2.gif


・天然少女シャロ
1/0/4000の手札アンコール持ちのキャラで、他の探偵のキャラ1枚につき+500する効果を持ちます。
レベル1の主軸カードですね。アンコール持ちなので安定感が違います。
後列がしっかりしていれば7000アンコールになるので、充分強力です。
恥ずかしがり屋エリーと合わせて、レベル1であれば相手の助太刀圏外から割りにいけます。
そして、クリスマスガール エリーにより返しはストック消費なしで10000ライン...何かがおかしい。


mk10.gif


・クリスマスガール エリー
レベル置き場のカードと控室のCXを入れ替えることで使用可能になる驚異の1/0/3000助太刀。
ミルキィに新たなる可能性を与えた凶悪PRの1枚。
ほぼノーコストでレベル1から使える3000助太刀という時点で すでにヤバいですが、このカードにより性能がより強力になったカードたちがあります。
代表的なのは、一緒に配布された魔女っ娘シャロや知識豊富なエリーでしょう。
前者は魔女っ娘シャロの項目で解説します。後者はこのカードの助太刀を使えば、キャラ2体に+2000できる効果が発動できるようになったので割ることが非常に困難になります。
ただ、デメリットであるCX入れ替えも存在しているので、リフレッシュ直前には打ちたくないですね。
それを抜きにしても強力すぎる助太刀です。


mk8.gif


レベル2
・本好きなエリー

ハロウィンナイト エリーのチェンジ元。また、このカードをレストすることでストックブーストできる効果を持ちます。
現在 よく見る魔女シャロ型とは相性が悪いですが、以前のミルキィではこのカードでストックを確保して回復するという流れが主流でした。
また、経験を満たせば単体で11500になるハロウィンナイト エリーにもチェンジすることができるので、腐ることがないですね。
魔女シャロの登場によって採用率は大幅に減るでしょうが、強力なカードであることに違いはないです。


mk1.gif


レベル3
・けなげでひたむき シャロ

cip回復と扉シナジーでアタック時、1コストで控えからキャラ回収と探偵のキャラ全てに+2000する効果を持ちます。
対応が扉な上にcip回復も持っていて、シナジーで回収と盤面制圧を同時にやってのける強力なレベル3キャラ。
さらに絆で持ってこれるという いいこと尽くめなカードです。
絆や自身の効果で魔女シャロのバーンコストを稼ぐためにも有用なカードです。


mk5.gif


・魔女っ娘シャロ
cip回復とレベル置き場にカードが置かれた時、1コストハンド1枚でパワー+1500と相手キャラをリバースさせると1点バーンを与える効果を持ちます。
ミルキィに新たなる可能性を与えた凶悪PRのもう片方。
レベル置き場入れ替えが必要、パンプ値が500下がっているなどで屋根下の劣化に見えますが大きな間違いですね。

このカードが恐ろしいのは、やはりクリスマスガール エリーとの組み合わせ。
これにより相手のターンにバーンが飛んでくるという前代未聞の現象が起きます。(笑)
※実際は笑ってられません...
回復して3-0で返したはずが3-1になるのだからヤバいです。
終盤の1点の差は説明するまでもないですね。全然違います。
もちろん自分のターンでもバーンを使っていけるので、詰め性能が格段に上がりましたね。
手札にクリスマスガール エリーを構えた状態で、このカードと知識豊富なエリーが並んだ盤面は相手からしたら絶望しかないです...


mk7.gif


・魅惑の怪盗アルセーヌ
怪盗かアンリエットを含むキャラが4枚以上なら、このカードのレベルを-1できる3/2/9500のキャラ。また、相手ターン中+1000とキャントリシナジーで1点回復と相手ターンの終わりまで+1500できる効果を持ちます。
夏祭りの長門に似た効果を持つカードです。
長門と違うのはシナジーを使えば、相手ターンの終わりまでとはいえ単体で12000いくので割られる確率が低いことですね。
割られなければ再びシナジーを使う機会ができるので、厄介な効果です。
探偵ばかり注目されていますが、今後の追加次第では環境で暴れるカードになるかも?...しれないですね。

mk11.gif


現在のミルキィは魔女っ娘シャロを軸に据えた構築が主流ですが、まさか2種類のPRでここまで強化してくるとは思いませんでした。(イラストアドもありますし!)
ミルキィを相手にした場合、1週目の山札にどれだけ打点を与えられるかがカギとなってきます。
遅い展開はミルキィに楽させるだけですし、終盤の準備をさせるときつい展開が待っています。

ミルキィ側も集中がないかわりに新学期シャロで対策したり、先を見越して確実にレベル3の準備をしていきたいですね。
魔女シャロでワンチャンス掴めるようになったので、集中がなくても充分プレイングでカバーできると思います。

ということで主要カード考察は終わりです。
関連記事
スポンサーサイト
2013.04.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://slb74.blog.fc2.com/tb.php/37-1f1bfa6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。