上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今回は今日のカードの紹介というよりは、個人的な考えを書いていきます。

lb1.jpg

効果の方はリライトのカリスマ魔女様朱音の互換カードです。
今さらこのカードの強さを説明するまでもないですね。

色や今までの公開カードとの相性などは置いといて、この手のメタカードについて書いていきます。
「この手」という意味は永続的なメタカードのことです。
特に強力なカードを上げると、回収メタである正々堂々レオ・女子高生アイドルりせ、回復メタであるカリスマ魔女です。
カリスマは自分にも影響はありますが、出すタイミングや構築次第で一方的に相手に負担を掛けられるので特に問題はないですね。

ここで自分が言いたいのは、「相手の行動を縛る」ことで強さを発揮するカードはヴァイスのゲーム的にどうなんだろう?ということです。

今回のリトバスで移動メタ、過去に出たカードではイベント封じやCX封じ 起動封じが出ています。
ですが、これらのカードと先ほどあげた回収メタや回復メタを比べると、ノーコストで随時相手の行動をメタっているのが非常に良くないですね。
蔓延する回復・回収環境を抑制するのは良いと思うんですが、いかんせんノーコストは個人的にやり過ぎだと思いますね。
回収メタも回数制限ないので...

何より強過ぎるメタカードというのは、基本的にゲームをつまらなくさせてしまうんですよね。
登場する以上は仕方ないですが、永続的なメタという方向で強いカードはあまり出してほしくないのが本音です。

と、まぁここまで愚痴っぽく書いてきましたが、強過ぎるメタカードにこのような考えを持っているだけで、今日のリトバスのカリスマ互換を見ても悲観的になるとかなかったです。(笑)
リトバスにも回復メタが来たかぁぐらいでしたね。(リライトで慣れてしまったのかもしれませんねw)
逆に今までと違った新しいデッキタイプが生まれるだろうし、環境にどう食い込んでくるかなど非常に気になるので楽しみです!
関連記事
スポンサーサイト
2013.05.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://slb74.blog.fc2.com/tb.php/56-2a73e5b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。