上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
なのはのレシピを上げる前にワンクッション置いて、久しぶりの主要カード紹介の記事です。

今までは主要カード「考察」というタイトルでしたが、やってることはピックアップに近いので主要カード「紹介」に変えました。
また、この機会にタイトル考察の記事を見返しましたが、このカードも入れとけばよかったなぁと読んでて思うことがありました。
個人的には採用率が高いだけでなく、それに加えて他のタイトルにはない効果をもったカードを出来る限り紹介したいので「このカードよく見るけど、紹介されてない」こともあると思います。
そこらへんは上記の理由で紹介するカードを選んでいるので、目を瞑って頂けると助かります。
あとは、まどマギの記事が相手目線ではなく使い手目線で書いてあるところが多くて軽く後悔してます(笑)。

そのうち対ディスガイア、対リライトなどタイトルごとの戦い方をまとめる記事でも書きますかね(未定ですが...)
今回紹介するアイマスというタイトルは、カードプールが広く全レベル帯に優秀なカードが数多く存在する万能型タイトルです。
全タイトルでもトップクラスの強さを誇る0帯、低コストでキャラを割りに行ける性能、豊富な早出しが主な特徴です。
他にも優秀なシステムキャラも多く、上記の特徴と合わさって非常に安定感があります。

現在は古き都の貴音がジュピターとの対決に入れ替わる形で3種選抜になっていますが、その強さは未だ健在ですね。
使用者も多く大会でもよく見るタイトルなので、主要カードは押さえときたいです。


レベル0
・方向音痴あずさ

移動効果と登場時、デッキトップを確認してCXならアタックできないデメリットを持ちます。
3種選抜の1枚。
このカードが他の移動持ちと一線を画している理由は2500というパワーにあります。
これだけで生存能力がまるで違います。
デメリットによりアタックできない可能性はありますが、条件が緩いのとトップ確認できるという点をみればメリットにもなりうる効果です。
先行とって後列にOFFタイム真、前列にこのカードで1パンの流れはあずさ選抜の必勝パターンですね。

im3


・OFFタイム 真
2コストとこのカードをレストしてデッキから音楽サーチと、前応援で相手ターン中レベル+1とパワーを+500する効果を持ちます。
1帯を優秀な1/0キャラで固めることができるアイマスでは、2コストサーチは非常に使い勝手がいいです。
また、相手ターンのみとはいえレベルパンプが非常に強力で、強力なレベル0・1キャラを相打ちから守ることが可能です。
先ほどの方向音痴あずさと組み合わせれば、相打ち効かない移動する3000キャラですからね...ちょっと何言ってるか分からないです(笑)。
アイマスの安定性に大きく貢献しているカードですね。

im12


・チャーミングヴィーナス春香
記憶で思い出に「BK MANIAC」があると、このカードをレストすることで音楽キャラ1体のパワーを+2000します。
またアタック時、自分のキャラをすべてレストさせる(転ばせる)効果を持ちます。
味方をレストさせる効果は使い方次第で変わりますね(ドジっ娘など)。
本命はレスト2000パンプです。
よくいる2体レストで2000パンプと同じですが、このカードは自身だけでいいのでOFFタイム真のレスト効果を邪魔しません。
また、記憶条件のBK MANIACから回収できるので効果を使うのは容易いです。
BKと合わせた場合は合計5000パンプできるので、非常に強力です。

im4


・ショートカットあずさ
登場時、音楽のキャラを+1500する効果を持ちます。
このカードの強みは自分も対象に出来る点です。
実質3500キャラとしても運用できるので臨機応変にパンプ効果を使っていけます。

im9


レベル1
・素直で前向き春香

ストブシナジーでアタック時、1コストで控えの音楽キャラを回収と相手のスタンドしているキャラをすべてレストさせる(転ばせて擦り傷を与える)効果を持ちます。
また相手キャラがレストする(無様に転ぶ)度に、パワーが1500上がります。
3種選抜の1枚。
素晴らしいぐらい原作再現したカードですね。
シナジーは打点を与えつつ、手札を増やせるので単純に強力です。
下の効果が厄介で、このカードを複数並べられると1/0キャラとは思えないほど高パワーになります。
相手の1パン目で5500、2パン目は7000になり、これに後列を加えるとさらに高くなります。
相手のレストして発動する効果にもしっかり発動するので、相手の後列の効果を縛ることもできます。
ただし行きのパワーがシナジー頼りで、使ったとしてもカウンター圏内で弾かれる可能性が高いのでその点には注意が必要です。

im2


・次のステージへ!春香
登場時トップ落としと、場の音楽のキャラ1枚につきパワーが500上がります。
お手軽に高パワーが出せる上に汎用性が高いトップ落としを持っている優秀な1/0キャラ。
これにBKを使うことで、軽く相手のキャラを割りに行けますね。

im11


・凸凹コンビ 涼&夢子
相手キャラをリバース時、デッキから1枚をマーカーとしてこのカードの下に置き、マーカー1枚につきレベルとパワーが1500上がります。
現在はSAOに雨宿りアスナという互換カードが登場した上に、2500カウンターの寄り道を上回る3500カウンターまで収録され肩身が狭いですが効果自体は変わらず強いです。
このカードを対処できなかった場合、1面を諦める程パワーが上がっていくのですぐに割りたいところですね。
また、レベル1相打ちを一方的に倒せる点も非常に大きいです。
トップメタのリライトの相打ちに刺さるので、それだけで採用する価値はありますね。

im14


・BK MANIAC
キャラ1体に3000パンプと、1クロック置くことで控えから音楽キャラを回収できる1/1のイベント。
3000という大幅なパンプをレベル1から使うことができる上に、キャラ回収まで出来る強力なイベントです。
そのままチャーミングヴィーナス春香を回収して記憶条件を満たしつつ、レスト効果を使うこともできます。
無駄がないですね。
1クロックキャラ回収も任意なので、腐ることがないイベントです。

im5


レベル3
・古き都の貴音

cip回復と経験でレベル置き場に「古き都の貴音」があると、このカードのレベルを-1する効果を持ちます。
ただし早出しした場合、手札を1枚捨てなければ控室に置かれる効果も持ちます。
3種選抜の1枚。
アニマスブースターのトップレア。
アイマスの薄いレベル2帯を大幅に補強し、環境トップの一角に押し上げた元凶。
早出し条件が非常に緩く手札を1枚捨てなければならないものの、ほとんど問題にならないほど強力でした。
まぁ、手札のCXを捨てれるので完全にデメリットというわけでもないですが...
当時は方向音痴や素直で前向きとの共存が可能だったので、デメリットも大した問題ではなかったですね。
また、このカードは4枚入れるだけで機能するので、デッキの枠を圧迫しないことも優秀です。

というように誰が見ても強力なカードでした。
現在は選抜入りしてますが、そもそもこのカードが登場する前に貴族の務めルイズや夏祭りの長門が環境で猛威を振るった結果、選抜制限を掛けられているんですよね。
その直後にこのような早出しキャラを出したブシロードの意図がちょっと理解できません。
おそらく4枚必須のRRを買えってことでしょうね^^

im10


・スーパーレディ真
ソウル-1と相手ターン中、他の自分のキャラ全てのパワーを+1000する効果を持ちます。
また1ターンに1度 自分がイベントを使った時、このカードのパワーを+2000する効果を持ちます。
このカードを2面出すだけで非常に堅い布陣が完成します。
本領はジュピターとの対決!との組み合わせですね。
このカードに使うだけで4000パンプと1点回復、ダメージもソウルマイナスがあるので耐久面はかなりのものです。
現在はあまり見なくなりましたが、ジュピターとの対決!が選抜解除されたので活躍の機会はあると思います。

im6


・正統派アイドル!春香
登場時1コストで1点バーンと自分のCXが置かれた時、このカードのパワーを+1500する効果を持ちます。
アイマスで手軽にバーンを撃つことができるようになったのが大きいです。
ワンチャンス作ることを可能にしたこのカードもアイマスの強さに貢献してますね。

im65


・アイドル復帰!律子

cip回復と他の音楽のキャラがアタックする度に、このカードのパワーが1000上がります。
アイマスのパワー不足を補ったカードです。
単体で12000出せるので、他のパンプカードと併用すれば助太刀圏外から割りにいくこともできます。
cip回復もしっかり持っているので安定して強いです。

im8


・ジュピターとの対決!
1点回復とキャラ1体のパワーを+2000する効果を持つ3/1のイベントカウンター。
レベル3のイベントなので序盤から握ってると手札が縛られますが、打点の通り過ぎによる即死を防ぐことができるだけで素晴らしいです。
2000パンプする効果もあるので、カウンターとしての役割もしっかり果たせます。

im7


アイマスは上に挙げたカード以外にも優秀なカードはたくさんあります。
デッキタイプも複数ある上にどれも実戦レベルなので、構築してて楽しいですね。
おそらく追加パックが何らかの形で来ると思うので、まだまだ強くなりそうです。
現時点でも充分強いですけどね(笑)。

ということで久しぶりの主要カード紹介でした。
次回はなのはタイトルのひとつの回答として、自分の中で完成したデッキレシピを詳しく解説します。
今までより早く更新できるよう努力します!と言って自分にプレッシャーかけときます(笑)。
関連記事
スポンサーサイト
2013.07.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://slb74.blog.fc2.com/tb.php/61-3137d52f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。