上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんばんは。
涼しいとか言ってたら、一気に暑くなりましたね...
明日はブシの戦略発表会らしいので、追加タイトルに期待です(化物語とかまどマギ来たら嬉しいなって!)

今回は昨日予告していた通り、7月19日(金)の大会レポートを書いていきます。
使用デッキ:レールガンS・TD改×99(木山選抜)
レールガンTDの発売日だったので、記念してレールガンで参加しました。
デッキ内容はブログで公開した時から変わっていますが、正直お試しで入れたカードが何枚かあり構築にも自信がない状態でした。
TDからはレベル3の努力家美琴をピンで採用しました(TD改×99とはこのことですw)。
各種強力なカード(屋根下、木山など)を持って来れるのは強いですし、手札を増やすことが苦手なレールガンには相性がいいと思いました。
ただ、下の効果が2体並べても効果が薄いのと、連続で召喚するほどのストックがあるとは思えないのでピンでの採用です。


1回戦-赤青黄ビビオペ
ドッキング3種類というカッコイイ構築でした。

じゃんけん勝ってこちら先攻。
移動黒子をクロック2ドローで引きアタックする。
返しに相手はドッキングのストックを溜めるためか3面2500を並べ3パンしてくる。
こちらのレベルが上がり、勝気美琴、バニラ美琴2面、後列にアグレッシブ黒子を置きアタックする。
1パン目にトリガーが乗って2点が通り、2パン目をキャンセルしクロック5。
5止めしようとしましたが、相手の構築を見て6止めの方が効果的だと判断したのでアタックする(相手の手札も少なかったですし)。

次のターン、相手は色発生に悩み青を選択。
ビビッドブルーにドッキングするも、2面割られず。
返しのターンで勝気美琴のシナジーを使い、ビビッドブルーを焼き一気に優勢になる。
そのあとは屋根下にチェンジし、そのまま押し切りこちらの勝ち。

勝気美琴のシナジーがぶっ刺さりました。
使う場面を見極めればかなりのアドを稼げますね。


2回戦-青緑クド

じゃんけん勝ってこちら先攻。
移動黒子出してアタック。理想の動き。
こちらのレベル0でのキャンセルが強く、なかなかレベルが上がらない。
この時CXは6枚見えている状態で、相手のアタックをなんと2キャン。
しかもクロック2ドローで集中美琴を引いてくる。

レベル0が長引いたおかげでストックに余裕があり、3コスト使ってデッキを削る。
盤面は勝気美琴、バニラ美琴、アグレッシブを展開。
レベル2からはクロックを放棄し、アグレッシブのサーチ効果で努力家美琴を持ってくる。

相手はレベル3に上がり、ソウルマイナスのクドを3面展開し3パン。
これが2つ通り、こちらもレベルが上がる。
努力家美琴で屋根下を回収し、初春とともに登場し2点回復。
3-2の相手に対し1000/1打ってアタックする。
屋根下の効果を使い14500でアタックすると、相手は3枚控室に落とす助太刀を使用。
この効果でCXが落ちない上に、キャンセルされ2パン目もキャンセルされる。
3パン目が通るも相手は生き残る。
次のターン、cip回復持ちのクド登場でアタックしてくるもなんとか1キャンし、3-6で耐える。
こちらのターンになるも、ソウル2キャラは水着の初春1体のみで他はレベル0。CXは当然ない状態。
相手はCX8落ちで3-4の状態。山札は1枚でリフダメ込みで残り2点。
相手は配置をミスっていたので、ソウルマイナスのクドが1体後列にいる。
ソウルマイナスのクドにソウル2の初春でアタックし、1点通す。
リフダメ受けて宇宙への夢クドにチャンプアタック。これが通り勝ち。

トップを確認すると次のアタックでトリガーは乗らないので、これが通らなければ負けでした。
というより相手がソウルマイナスのクドを1面後列に下げなければ、こちらにワンチャンス作られることもなかったんですけどね。
残り時間が迫っていたこともありますが、このミスはさすがにもったいないです。
相手も後悔していたので、今後同じミスを繰り返さないように!(知り合いなので上から目線で書きました。他意はないですw)。


3回戦-黄青赤なのは

フェイト軸にユニゾンギミックを採用した自分と似ている型。
ただ、違う点はレベル1相打ちとウキウキなのは、ミストルティンが採用されていることなど。
この方とは同じなのは使いとしてよく話すので、和やかな雰囲気で対戦しました(できれば なのはミラーしたかった)。

じゃんけん勝ってこちら先攻。
相手「移動黒子でなきゃ大丈夫だ^^」
自分「ここまで全部出せてますよ?見せてあげます^^」と煽りあい。
結果はレベル0が1枚もいないので、自分の負け...ドローゴー。
相手は2パンしてくる。
こちらのターン。レベル0をまたも引けず...これはヤバい!!
相手は驚きながらもCX打って3パン...鬼め(笑)。
1キャンし、レベル1スキップは回避する。

バニラ美琴を3面並べて5止めを狙うも、3パン目にトリガーが乗ってしまい5止め失敗。
レベル0で大幅にアドを稼がれてしまったので、ここは確実に5止めを成功させるために2パンでターン終了するべきでした。

相手のレベルがあがり、3面割られるよなぁと思っていると相手に異変が起こる。
ソニックドライブ素出しから代わりの人形が出てくる。
自分「これは1面帰ってくるな」
予想通り1面割られず、相手の手札も残り4枚と割りあいになる。

終盤相手3-1で自分は2-6、1000/1打って3・3・2でアタックしてくる。
3点をキャンセルし、2パン目に2点トリガーが乗って5点!
これが...通る!3パン目の2点も通り一気に3-6になる。
手札は屋根下とレベル0。クロックドローができない上に相手は控えにCX4枚。
ストックに1枚噛んでいたので、山札9枚に残りCX3枚...非常に厳しい。
こちらトップドローで水着の初春を引き、屋根下とともに登場。
ただ、屋根下のバーン込みでちょうど6点。1回でもキャンセルされたら終わり。
アタックすると1点通り、2点が...通る。あれ?
屋根下の効果を使い、2点が...なんと通る!?
相手「ひょぇ~~!!?」(実際は試合に集中していたので、正確になんと言ってたか分かりません。ただ、鳴き声は聞こえましたw)。
そして、屋根下のバーンが...通り、こちらの勝利!

相手の山札を見ると残り3枚中、下2枚がCXでした。
もう1枚は手札に合った模様。
この試合は序盤キャラ事故を起こしたとはいえ、完全に相手のCXの配置に勝たせてもらった試合でした。

ここで店の閉店時間の都合上、決勝戦はなしで二人優勝ということに。
ちなみにもう一人の全勝者もレールガンでした。
ミラー対決したかったですね!


ということで、全勝で優勝しました。
ただ試合内容を見てもらえば分かるように、1試合目以外は相手のミスやCXの配置で勝ちを拾っただけですね。
引きに助けられた場面も何度かあり、いい勝ち方とは言えませんでした。
それ以前に大会中に今の構築を改良したくて仕方なかったです(笑)。
完全にレールガンTD発売補正でした。

チェンジに頼らない構築を試したんですが、ダメダメでしたね。
しかも木山を全試合出していないという...選抜って何?
手札も終始きつかったですね。
アグレッシブのサーチ効果で努力家美琴を持ってきて、誤魔化してるだけでした。
以前の構築の方がまだ強かったです...

この記事を書いている現時点では、自分のレールガンは新しく生まれ変わりました。
まだ1度しか回していないので何とも言えませんが、手応えはありました。
努力家美琴しか目になかった自分ですが、レールガンS TDのあるカードがなかなかいい動きをしてくれました。
そのうち、このデッキで大会に出てリベンジしてきます。
もしかしたらデッキレシピを上げるかもしれません。

まぁレールガンはブースター発売で大きく変わるでしょうから、それまでの繋ぎですね。
ということで以上、大会レポートでした!
関連記事
スポンサーサイト
2013.07.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://slb74.blog.fc2.com/tb.php/64-fc0f9c38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。