上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんばんは!
皆様が楽しみにしている?!大会レポートを書いていきます。

大会レポートは出来る限り詳しく書くことを私自身 意識しています。
自分はフリーでは勝敗よりも内容を非常に重要視しているので、ショップ大会のレポートも同じところがありますね。
もちろん優勝を狙って大会に参加していますが、プレイミスはないか?という当然の反省からなぜ勝てたのか?、その逆になぜ負けたのか?などを考えるためにも特に重要な局面は詳しく書いています。
どうしようもないCXの配置で負けた試合はしょうがないですが、振り返ってみるとミスはなくても最善手は他にあったのではないか?ということも結構あるんですよね。

長くなるのでこのぐらいにしときますが、こういうことの積み重ねが地区予選では必ず活きてきます。
もちろん、大きな大会できれいな勝ち方なんて贅沢は言ってられませんけどね(笑)。
使用デッキ:燃えるようなオーラを発したシャナ※フルレアでもなんでもありません。
このブログの記念すべき1回目の大会レポートが実はシャナなんですよね。
その時は2/1ヴィルヘルミナを採用した構築でしたが、今回は愛が全てシャナに変えてあります。
主流のカムシン型ではなく、にえとのシャナとシャナストールを後列に採用した型です。
前にも書きましたが、カムシンよりもシャナストールの手札交換の方が好みなんですよね(笑)。

シャナは未だに極められてないデッキの1つで、正直言うとプレイングもあんま自信ないです。
ですが、実戦でひたすら鍛えていくしかないので今回シャナで出ました。

タングステンは無事、フレイムヘイズになることが出来たのでしょうか?
大会レポート、始まります!


1回戦-青黄赤ラブライブ
2週連続 1回戦ラブライブ。
前回 化がボコされたので、討滅したいところ。

じゃんけん負けて後攻。
初手に4500ヘカテーが3枚来る。
レベル0はヘカテーで相手に圧力をかけていく。

相手が先上がりして相打ち、ガウル互換などを展開。
こちらの手札にはレベル1のカードが揃っていたので、いい感じに展開できるなぁと思っていたところにソウル2を打たれる。
最初の3点をキャンセル。
ダイレクト枠の4点に2点トリガーが乗り、6点!通る!!3パン目の3点も通る!!!
華麗にレベル1スキップ。
まぁ1週目の分厚い山札なんで通る期待値は高いですね。
問題は通った後です。

ということでレベル2に上がったので愛シャナ、刃シャナ、にえとのシャナと展開していき3面割る。
相手もレベル2に上がり集中で1ヒット。
真姫早出しされたらめんどいなぁと内心思ってましたが、早出しされず。
その代わりにソウル2を打たれる^^
しかし こちらはキャンセルしなかった分、CXが山札の底に眠っていたので3キャン。
ちなみにソウル2を打たれなくても3キャンでした。

これで打点は互角になり、こちら先上がりからシャナ&悠二登場。
手札には天破壌砕を握っていたので、チャンスを窺う。
相手はcip回復持ちを展開し3-0をキープ。
返しのターンでラストターンだと判断し、天破壌砕のシナジーで4パン、2キャン要求で詰めにいく。
2点キャンセルされ3点通り、リフダメで1点。3点が通りこちらの勝利。

ちなみにサイド調整も出来る配置だったので、トリガーが乗ってもちょうど詰めれました。
ソウル2にはヒヤっとしましたが、しっかり詰めることができて良かったです。


2回戦-赤青t緑ディスガイア
対戦相手の方はショップでよく見かける人でした(というより自分がショップ大会に参加し始めた頃からいる方です)。
この方のディスガイアとは前から戦って見たかったので、内心ワクワクしながら対戦開始!

じゃんけん負けて後攻。
相手はロザリーエンド。
こちらもドローゴー。
次のターン、さらにロザリーが2体追加され2パン。
こちらはヘカテー2面から3500シャナを出し5止めを狙うも 1パン目に天破壌砕をトリガーする。
5止めすることが出来ないので、仕方なく3パン。

相手先上がりからラハマオ登場、CXを戻されるも2面はレベル0を出してくる。
しかもドロートリガーを2回してこちらのターン。
こちらも手札が整っておらず、にえとのシャナ登場から1/0アンコールヴィルを登場。
悠二のクロック絆も使い、1000/1を打つ。
全部通り相手はレベル2へ。

そこからはデスコチェンジから盤面取られ、徐々に手札を消耗していく。
しかし、相手もドロートリガーをまたも2トリしたりとCXの配置が弱い。

レベル3の局面。
盤面は半ば諦め打点を通しにいく。
最終盤 相手3-5でこちらの3パン目の2点を・・・ピタキャン。
返しに打点が通りこちらの負け。

こうやって書くと互角の勝負に見えますが、試合内容はこちらの完全敗北でした。
相手は有り余るハンドでしたし、CXの配置の弱さでこちらにワンチャンスが生まれた感じでしたね。
ディスガイア側が満足にいくデッキ回りでないにも関わらず負けたのですから、こちらの完敗です。

頭で対ディスガイアのプレイングを分かっていても、実戦になるとやはり違いますね。
規制が掛かるでしょうが追加もありますし、ディスガイアは意識していきたいです。


3回戦-黄赤宇宙かけ
宇宙かけとはフリーを含めても初めての対戦になります。

じゃんけん負けてこちら後攻・・・じゃんけん弱過ぎ笑えない...
相手は単体で4500のキャラを出し1パン。
割れないのでこちらも4500ヘカテーで対抗、返しあっさり割られる。

相手が先上がりし、1面9000を作り1000/1打って3パン。
こちらレベル1スキップ。
控えにはCXが1枚で手札には天破壌砕...嫌な予感しかしない...
クロック2ドロー!?
なんとCXを引かない...さらに嫌な予感...
愛シャナ登場から3パンすると・・・トリガーしない!?
ボクノCXハイッタイドコニイッタノカネ?
相手の3パンを2キャンし、ドローで1000/1を引いてきたので打つ。
扉をトリガーしてシャナ&悠二を回収する。

レベル3にこちらが先上がり、手札には天破壌砕と器シャナが3枚ある状態。
次のターンには6ストック溜まるので、5パンを狙う。
そのために厄介な3500助太刀を使わせにいく。
予想通りシャナ&悠二がカウンターされる。
相手は返し、黄色のレベル3を2面並べ1面はレベル2キャラ。
3パンしてくるも2キャンしてこちらのターン。
しかし扉で再び3500助太刀を回収される。

相手の山札と残りCXから決め切れると判断し、器を3面出し天破壌砕!!!
ただし、シナジーは1面しか使えないので4パンの2キャン要求で詰めにいく。
3-1の相手に対し3点が通り、2パン目の2点も通る。
残り1点!
正面はレベル2キャラだったものの、ここはシナジーを使う。
3点をピタキャンされ、サイド1点に・・・トリガーが乗る!!(バカ者!!!)。
これを・・・ピタキャンされる!!!
返しに打点通されて負け。

天破壌砕のシナジーを使って詰めにいき、勝ったと思ったら最後にトリガーが乗る...詰めが甘いとはこのこと。
精神的に応えた負け方でした。
こればっかりはしょうがないです...
ちなみにシナジーを使わないで3パン目でサイドしてれば勝ってますが、結果論ですね。
その1点がキャンセルされた場合、シナジーを使わなかったことがミスになりますし。


ここで階段が崩れて3回戦で終了。
結果はご覧の通り1勝2敗です...
といっても、シャナはまだまだ使いこなせてる感じがしませんね。
カムシン型に戻して修行してきます。

最近の大会では色々なデッキを使ってますが、フリーでは勝率が良くても実戦ではプレイングに迷いがまだまだあるなぁと感じます。
自分が自信をもって大会に持っていけるのは、まどマギとなのはぐらいですね。
前回の化もそうですが、使い込んでもっと強いプレイングを身につけたいところです。
それにはひたすら回していくしかないんですけどね。

話しは変わりますが、この大会の2回戦で当たった方に対戦後「ブログ見てますよ!」と言われました。
これは素直に嬉しかったですね。
ブログを書いてて一番嬉しいのは、間違いなくこの瞬間ですから!!

アクセスカウンターを復活させた時も同じことを思いましたね。
正直、更新頻度はかなり下がっていたので、見てくれている人はかなり減っただろうなっと思っていました。
実際は更新していないにも関わらず、60人くらいの人が見てくれていて感動しました。
自分はこの60人のような根強く見てくれる人に対してホントに感謝しています!

ブログは自分のために書いていますが、同時に根強く読んでくださる読者の皆さんのためにもブログ執筆をこれからも頑張っていきます。
関連記事
スポンサーサイト
2013.08.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://slb74.blog.fc2.com/tb.php/72-4008dfe6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。