上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
深夜にこんばんは!
後期制限改定も発表され環境が混沌とする中、自分は今まで構築したデッキを改めて見直す作業をしていました。
特に自分の構築に大きな変化を与えたのはリライトの咲夜です。
環境にリライトが台頭した時は、レベル0・1の純相打ち持ちを採用する気に全くなりませんでした。
しかし今は咲夜が消えたので、レベル0相打ちの採用率が自分の中で上がっています。
なのはにはレベル1相打ちも積む予定なので、構築がまた変わりそうです(フェイト軸は変わりませんが)。
逆にビビオペやラブライブなどでレベル1相打ちは増えているので、来期の環境では一層見ることになりそうです。

小話はこの辺で本題に入りましょうか。
今回はタイトル通り、ラブライブの色の選択について書いていきます。
どうでもいいですが、タイトルの色の軌跡って軌跡シリーズを連想させますね(笑)。
空の軌跡、懐かしい...
最初に言っておかなければならないことがありましたね。
ラブライブ作っちゃいましたー!!!
身内の心の声(コイツ、マジで作りやがったよ・・・)
自分「身内で主流タイトル、補完せなアカンやん!」

本当は大会レポで-ラブライブ作りました-宣言をする予定でしたが、カードが全て集まってないもので・・・(無駄に光らせたため完成まで時間が掛かっていることは内緒)。
また、大会レポの使用デッキの説明で長々と書くのもどうかと思ったので、今回のような形にしました。
まぁ現時点の構築に行き着くまでの軌跡を書くだけなので、デッキ解説とかはしないですけどね。

そもそもラブライブを組むことになった経緯ですが、レールガンまで待てなかったことが1番の理由ですね。
また、自分の使用タイトルを見てもらえば分かりますが新規タイトルがないんですよね。
ですので前々から0から作ってみたい!という欲求がありました。
最近出た新規タイトルでラブライブを選んだ理由ですが、1つは身内で誰も作っていないことです。
自分の密かな夢は身内で全タイトル制覇なので、残りのタイトルはみんなヨロシクね^^
2つ目は仮レシピを組んだ中で1番手応えがあり、実際使ってみたいと思ったからですね。
自分はブースター・エクストラパックが発売されるたびにピックアップの記事を書いていますが、裏では仮レシピを毎回組んでいます(自分の構築したい欲求を抑えるためにやっているんですけど・・・逆効果かもしれませんw)。
そして!最後の理由ですが・・・レベル3真姫(SR)のイラストがお気に入りだから!
この部分が大きいですね(念のため書いときますが、自分はラブライバーでもなんでもないただの学園都市第77万7777位の学生です)。

続いてメインテーマである色の選択について。
ラブライブは強力なカードが全色にバラけています。
よって3色で組む場合、どれか1色諦めなければなりません。
自分の場合、ラブライブを作ることになった1番の理由であるレベル3真姫を使いたい(イラストGood!)ので青は確定。
他の採用理由としては3500カウンターやサーチイベントですね。
次にほむら集中+特徴応援という強力な効果を持つ海未、ガウル互換の絵里、cip回復と全体パンプのCXシナジーを持つレベル3μ`sを有する黄も確定。
最強のトリガーである扉、cip回復を4枚以上入れたい自分にとって10500cip回復を有する赤も確定。
実質ノーコストのレベル応援や優秀な詰め能力を持つレベル3にこを採用できる緑も確定・・・あれ?

各色の強い部分を集めたグッドスタッフではご覧の通り4色になってしまう訳です。
よって緑はクビ(断言)。
理由は優先順位で決めました。
青を抜いてはラブライブを作る意味がなくなる。
黄を抜いてはレベル1が一気に弱体化する。
赤(扉)を抜いてはタングステンではなくなる。

ということで青黄赤ラブライブ(プロキシだらけ)をひたすら一人回ししてました。
真姫を確実に早出しできるよう山札調整を意識しながら回してましたが、一定数回した時点であることに気付きました。
「あれ、赤発生しないんだけど・・・」
自分の構築だとダメージが超過しない限りはレベル1で黄か青を必ず発生させます。
赤は扉とレベル3海未のために入っているようなものなので、他の赤発生させるカードが相打ちと3000助太刀ぐらいしかないです。
そんなこともあり、赤を発生出来ない試合が結構ありました。
この点は自分の構築に問題があるだけですけどね(笑)。

そして行き着きます。
「今の自分の構築だと3色も4色も変わらないのではないか?」
幸い緑はハラショー絵里を採用していたので、レベル応援とレベル3にこをタッチするぐらいなら枠はありました。

ものは試しで緑をタッチして回してみる・・・以外にいける。
結論・・・ごり押しで4色。
最初は4色は絶対 色事故起こすから出来れば3色に納めたいと思っていましたが、ラブライブに限っては多少は緩和されるようです。
実際は青黄t赤緑というところでしょうか。
基本は2色と言っても、回し慣れてくればタッチ色も充分使っていけるようになりましたけどね。

というような感じで自分のラブライブは4色構築です。
まだまだ調整できそうなんで、カードリストとにらめっこしている状況ですけど(笑)。
早くラブライブで大会レポート書きたいですね!
以上、色の軌跡でした。
関連記事
スポンサーサイト
2013.08.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://slb74.blog.fc2.com/tb.php/84-22644ad7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。