上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ブログを継続的に更新していくのは結構大変だなぁと最近感じているタングステンです。こんばんは!

ブログ更新は時間がある時は別に問題ないですが、現実が忙しいとやはり後回しにしてしまいます。
もちろん現実での生活が優先ですし自分のペースで更新すればいいんですけど、ふっと気を抜くと更新頻度が下がり結局ブログを放置してしまうことに繋がるんで油断できないです(笑)
ブログを始めたばっかの時はモチベーションも高いですしブログ更新も活発ですが、それを年単位で続けるのはすごいなぁと思います。
こんなことを書いたんで「タングステン、もしかしてブログのモチベがもうないのか!?」と思った方、ご安心を!
今まで通りほどほどの更新頻度で密かにしぶとく続けていくので、よろしくお願いします。

ということで本題。
今回は8月28日(水)の大会レポートを書いていきます。
ラブライブ・ゼロ魔と使いたいデッキはありましたが両方とも現状使えないので、最新版のなのはで大会に参加してきました。
参加店舗は毎度おなじみホビーステーション千葉駅前店です。
最近 参加人数が毎回MAX(16人)で昨日もキャンセル待ちが発生している状態でした。
夏休み補正か分かりませんが、参加する側からすると盛り上がっててテンション上がります!
使用デッキ:黄青赤グッドスタッフ(ユニゾン採用フェイト軸)
最後になのはのレシピを上げてから再び改良しましたが、手応えは過去最高です。
というより回してて思いましたが、今までの構築はどこか中途半端だったなぁと感じました。
また自分のプレイングもデッキの強みを完全に活かし切れてなかったので、やっとこの構築に見合うプレイングが身に着いたかなぁと思います(自画自賛ですがw)。
具体的な変更点は最後に載せときます。
では、大会レポートをどうぞ!


1回戦-黄赤ビビオペ
前になのはで出た時にマッチングした方でデッキも同じ(大会レポート⑨の3回戦参照)。

じゃんけん負けて後攻。
レベル0はお互い割りあい。
相手はビビッドイエローにドッキングするため3コスト溜める。
こちらが先上がりしてレベル1相打ち登場から2パンで5止め。
返しのターンで1面も割られずアドを稼ぐ。

相手もレベル1に上がりビビッドイエローにドッキングしてポジティブあかねもしっかり配置。
こちらはそれを待ってました!と言わんばかりに勝利宣言登場から新たなる力フェイトを2面出して合計2000パンプ。
さらにソニックドライブに2面チェンジして1000/1。
全面圏外で割る。
ビビッドイエローはクロアンされるもこちらは1-6リフ。
さらにクロックに一心同体とユニゾンイン!はやてがあるので、返しのターンでドッキングできる状態でした。

相手も2-1でリフレッシュしCXの戻りを聞くと6枚で内2枚がバウンス。
1枚トリガーしていたのでおそらくもう1枚は手札でシナジーのために握っていると予測。
バウンス2枚に動きを縛られるのはさすがに弱いので、ここはドッキングを選択してシャマザフィも配置。

そこから盤面はこちら優勢で進んだものの2-6でCXを2枚引き込み、確定3枚の山札を作ってしまう。
ビビオペ相手にこれはいかん・・・
相手は3-1まで回復し一色あかね登場。
まず1点を確実に通しクロックが控室に落とされる。
今のアタックで一心同体のトップ落としを使用したので残り山札1枚。
そして放たれるあかねの5点バーン!
圧縮はかなり出来ていましたが、リフ後の山札ほど信用ならないものはありません。
圧縮関係なしに平然と大打点が通るのがリフ後の山札です(その逆もありますが)。

入念なファローシャッフルを繰り返し、相手に渡す。
5点バーンで残り4点を・・・ピタキャン!
湧くギャラリー!そのうち良く知る一人が「つまらねぇ!」っておい!!
リフダメ受けてあかねの2点が通り、残り4点。
相手はダイレ枠のソウル3から・・・トリガー乗せて4点!
1点・2点・3点(圧縮よ応えよ!)・・・4点目キャンセル!!
湧き上がるギャラリー!それにつられて思わずガッツポーズしてしまうタングステン!!そして、「騒ぎ過ぎだ!」と注意しに来る店員・・・すいません...

こちらのターンになりストックは6コスト。
こうなればやることは1つ!
日頃の恨みを晴らすためになのはさんのスターライト・ブレイカー(5点バーン)で少し、頭を冷やさないとね^^
1000/1打って3キャン要求、結果は5点バーンを撃つ前に打点が通りこちらの勝利。

圧縮していたのでキャンセルする期待はありましたが、リフ後の山札なだけに冷や冷やしました。


2回戦-黄赤SAO
相手にすると序盤の立ち回りがめんどいSAOとの対戦。

じゃんけん負けてこちら後攻。
レベル0はお互い1パン。
こちらが先上がりしレベル1相打ち登場から、相手のキャンセルもあって5止め。
返しに全面割られるもガラ空きの相手に1000/1打って、相手の1番戦いたいレベル1をスキップさせる。
そこからはキャラを展開されるも温存していたフェイトでひたすら割る。
圧縮も出来ていたこともあって打点が通らずそのままこちらの勝利。

相手の強いレベル1帯を飛ばせたことが最大の勝因ですね。


3回戦-リトバス動物
またも前回なのはで出た時にマッチングした方でデッキも同じという偶然(大会レポート⑨の2回戦参照)。

相手もここまでじゃんけん全敗の模様。
なるほど・・・最弱を決めようじゃねぇーか!!!
じゃんけん負けてこちら後攻(泣いてないもん!)。

レベル0は割りあいだったものの、こちらのアタックでトリガーが乗り相手先上がり。
試合展開が早くなる。
レベル1からも割りあい。
こちらは扉をトリガーせず、レベル1後半で手札2枚。
しかし、ストックが豊富にありキャンセルも強く、集中から1-6リフ。
一方相手はクドシナジーで手札アドは稼いだもののキャンセルが弱く打点差が付く。

そこからは盤面はソニックドライブで迎え撃ち、春風リインの効果でレベル3フェイトを集める。
相手もレベル3からキャンセルが強く粘られるものの こちらもしっかりキャンセルし、返しのターンで打点を通してこちらの勝利。

この試合は理想的な勝ち方でした。
最低限必要な手札枚数をしっかり見極めることができ、必要な場面で春風リインの効果を使って無駄なく動けました。
相手はハンドはあったものの盤面はひたすらソニックドライブで割ったので、楽させることなく攻めることが出来ていたと思います。
この構築ではこのような戦い方が強いということを確信した試合でした。
ただ、厳しく見るなら一心同体にユニゾン出来なかったのが反省点ですね。
相手の構築上、おそらく割られることがなかったので積極的に狙っても良かったです。


決勝戦-赤黄リライト(チェンジ前選抜)

試合前、相手の方の言動から全盛期リライトだと思って試合開始。

対リライトは散々研究してきましたし、まずは先攻をどうしても取りたい!
が、ダメ・・・じゃんけん負けて後攻(圧倒的敗北!!!)。

相手は移動から1パン。
こちらは代わりの人形で1パン。
返しに割られなかったもののオカ研登場からテンプレの動き。
こちらはキャンセルしレベル上がらず。

結果相手先上がりから後列にアンコール付与篝を配置して、1面チェンジされる。
環境のレベル1ラインを上げた9500ちはや。
しかし、こちらは1帯フェイト軸。
後列にアルフを2面展開し、ソニックドライブに2面チェンジから見た目超えで相手を3面割りに行く。
こちらがレベル2に先上がりしてからは、レベル3フェイトを早出ししてひたすら割る。

ダメージレースは相手が若干優勢。
こちらクロックからレベル3に先上がりして一心同体登場から後列シャマザフィ。
1000/1打って相手を3-2にする。
相手のターン。
鳳ちはや・いたキス登場から1000/1打ってアタックしてくるも、こちら2キャンで3-3まで。
鳳ちはやの14000はレベル3フェイトに1500助太刀を使って相打ち。
こちらのターン。
レベル3なのは登場で3-2。1000/1打ってアタック。
2パンまでを2キャン。
3パン目の4点にトリガーが乗り5点を・・・ピタキャンされる!
ここは通したかったですが、トリガーは仕方がない。
しかし、こちらは山札4枚で残りCX2枚で3-2。
手札は一枚。
相手は鳳ちはや登場からアタックしてくるも2パン目までを2キャンしリフレッシュ。
勝負を左右するシャッフルなので入念にファローとヒンドゥーシャッフルを繰り返す。
リフダメで3-3で相手の4点にトリガーが乗り5点をキャンセル。
相手は3-1で山札確定1枚の状態でリフレッシュを挟むので、残り5点。
ストックは4枚あったのでソウル2キャラとして一心同体をアンコール。
CXを引くためにクロック2ドロー・・・引いてきたのは「揺るぎ無い意志なのは」と「雷の帰還フェイト」。
はやてを助けに駆けつけてくれたのか!!!って出せない...
完全に結果論ですが、アンコールしなかったら2枚展開出来ていたのか...
と言っても残り5点の相手に一心同体をアンコールしなければソウルが足りないので、この状況ではアンコールの1択ですね(春風リインもいないので)。

こちらのソウルはちょうど5点。
相手は手札がないので、静流の助太刀の心配もなし。
1点から1パン目、トリガーは雷の帰還フェイトで2点。
リフ挟んで通りリフダメがCX、残り3点。
ダイレで2点からトリガーはまたも雷の帰還フェイトで3点。
これが通りこちらの勝利!

とても熱い試合でした!
お互い一進一退の攻防でギリギリの戦いでしたね。
ちなみに最後の3パン目のトリガーを見ると・・・なんと雷の帰還フェイト!?
ということはクロック2ドローからレベル3フェイトが4枚重なっていたことになります。
これには心の中でですが、デッキにありがとうと言ってしまいました(笑)


結果は全勝で優勝しました!
※ちなみにじゃんけん全敗・・・パワースポット行くしかないな!
今回の試合を振り返ると相手のキャラを3面割り続けたことによって、選択肢を無くしていけたことが勝利に結びつきました。
毎ターン、相手のキャラをひたすら割る。
アンコールを持っているソニックドライブフェイトの一番の強みです。
選択肢を奪ったうえで一心同体の早出しに繋げることが、このデッキの勝ち筋ですね。

ということで前に上げたレシピとの変更点です。
out
シュワルベフリーゲン ヴィータ×3
久しぶりの再会なのは×2
アドバイザーユーノ×2
守るべきものシグナム×1

in
戦闘教官ヴィータ×3
使い魔アルフ×1
まどろみの時リインフォース×1
ヴィータ&ザフィーラ×2
友達フェイト×1

軽く解説。
強みを最大限活かすために手札維持に採用していた加速ヴィータ・アドバイザーを全て抜きました。
加速ヴィータはその1ストックを他に使いたい、アドバイザーは効果を使用するタイミングが少ないことが理由です。
今回の試合内容を見てもらえば分かるように手札は持つので、手札維持は春風リインだけで自分は充分でした。
自分が楽するよりも相手を楽させないことにシフトした感じです。
レベル1相打ちはこちらが先上がりした時のケアのため採用しました。

前よりもやることがはっきりしていて無駄がなくなったと思います。
今までで一番回しやすいので、煮詰まったかもしれませんね。
解説は以上。


そういえば今回 優勝したことにより千葉ホビに1ヶ月間デッキレシピが飾られることになりました!
デッキ名は-Sacred Force-
なのはMovie2ndを見た人なら分かりますね!

次の大会レポートはいよいよラブライブの登場です。
お楽しみに!
関連記事
スポンサーサイト
2013.08.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://slb74.blog.fc2.com/tb.php/85-24dd9618
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。