上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
現在夕方、涼しい風が吹いております。
いつも夜遅くに更新している自分には珍しく、今回は早めの更新です(本当は昨日の夜に更新するはずでしたが・・・寝落ちしました...)。

そういえば前回と前々回で書いた記事でWGPに向けてデッキ選択の話しをしましたが、大事なことを忘れていました。
それは・・・なのはの存在です!(こりゃ、白い悪魔に消されるわ...)。
なのはも充分ネオスタンで使用する候補にも関わらず、一切触れずにラブライブやらゼロ魔を書いていました。
うーん・・・自分が許せないですね(笑)
そうなるとまどマギかなのはで悩むことになりますが、それはよく考えて決めることにします。
少なくとも今の自分にとって最高の状態のデッキでWGPは戦い抜こうと思います!

本題はやっと更新!ダ・カーポの主要カード紹介です。
かなり前から紹介する候補でしたが、追加が来るのでそれを待ってからにしました(当分追加来ないよね?...)。
レールガンも追加が来てから記事にしようと思います。
あっ、あとファントムも。
今回紹介するダ・カーポはヴァイス最初期のタイトルであり、カードプールの広さは群を抜いています。
それ故にデッキタイプが多数あり追加パックによって確実に強化されてきているので、今期の環境では一層見ることになるであろうタイトルです。
デッキタイプは特徴ごとに分かれているので、今回はWGPに向けて押さえておきたい型+αという感じで紹介していきます。


♦生徒会
全体的に安定性が高く、思い出による圧縮・耐久力も高いデッキタイプです。
本領はレベル2からで記憶で高スペックになるチェンジや2/1キャラで盤面を制圧してきます。
記憶条件をサポートする回収イベントもあるので、これらの条件も満たしやすく、全体アンコール付与もいるので高いラインを維持したままビートダウンすることが可能です。

・監督生 リッカ
前応援とこのカードをレストし1コストと1クロックで、山札から「生徒会長」を含むキャラをサーチする効果を持ちます。
言いかえると500応援の役割を持ちながら、生徒会長限定のオカ研と同じ能力をもったカードです。
しかもレベル0からいつでも使えるという超性能・・・なのはにも頂戴^^
サーチ先は少ないですが、どれも優秀なカード達なのでサーチ先には困りません。
0/0/3000・1/0/6000・レベル応援・アタック時回復内蔵のレベル3などが揃っています。
生徒会の安定性を支えるキーパーツですね。

dc3_w18_007.gif


・アジサイ畑のまゆき
他の生徒会に手札アンコールを与える効果を持ちます。
全体アンコールの優秀さは何度も書いてきましたね。
選抜入りしたカードでも冥土帰し、元・天使フロンから分かるように全体アンコールの強さが分かります。

dc_we02_016.gif


・くすぐったい毎日 音姫
cip回復と記憶で思い出が4枚以上ならこのカードのパワーを+1000して、リバースさせたキャラをストックに送る効果を持ちます。
また、アンコールステップのチェンジで出すことが可能です。
記憶条件が4枚と重いですが、このカードのチェンジ元と年越しキス(控えの同名カードを思い出にできる回収イベント)で3枚溜まるので満たすことは充分可能です。
条件を満たせば後列にレベル応援を置くことで12500になり、アンコール付与のおかげで非常に強力な盤面が完成します。
任意のストック飛ばし効果もあるので、相手のアンコール持ちも封殺できます。

dc_w09_002.gif


・新生徒会長 杏
cip回復とアタック時、トップが生徒会か演劇のキャラなら2コスト払うことで1点回復する効果を持ちます。
コストさえあれば永続的に回復し、アンコール付与で盤面に居座り続けるので非常に厄介です。
また、トップを確認してからコストを払うので無駄打ちになりません。
このカードの存在から長期戦は避けたいところです。

dc_w09_077.gif


♦姫乃早出し
レベル2からの多面早出しを狙うデッキタイプです。
多面早だしをするには必要なカードが3枚あり、なおかつクロックにレベル3がなければいけませんが、決まった時の動きは非常に強力であり、そのままゲームエンドもあり得ます。
故に序盤は上記の動きをするために必要なパーツを揃える準備期間になります。
デッキの性質上 安定性に多少欠けますが、勝ち筋がハッキリしている分、強力なデッキタイプと言えます。

・姫乃の覚悟
手札の姫乃を場に出すことが出来る2/2のイベントです。
cip回復持ちの姫乃もいますが、主に早出しするのは下の姫乃でしょう。

dc3_w23_048.gif


・こそばゆい未来 姫乃
登場時、山札の上から3枚まで見て1枚手札に加え、残りを控室に置く効果を持ちます。
またキャントリシナジーで対応CXが置かれた時、手札を1枚控室に置くことでクロックから魔法のキャラを1枚場に出すことができます。
上記の姫乃の覚悟の効果によってレベル2で出すことが出来ます。
対応CXも自身の効果で持ってきやすく噛み合っています。
問題の下の効果ですが対応CXが必要とはいえ、手札1枚でレベル3がもう1体出てくるので恐ろしいです。
しかもクロックからなので1点回復していますし、カリスマなどの回復メタにも引っ掛かりません。
次のターンに対応CXさえ引けば再び効果が使える点も評価が高いです。
ちなみにシナジーによって出すキャラは魔法なら何でもいいので、レベル3だけでなくコストが重い後列を出すだけでも強力です。
このように必要なカードは多いものの、レベル2から充分巻き返せるだけの性能を持った切り札です。

dc3_w23_027.gif


♦新聞
先月に発売されたエクストラパックで大幅に強化されたデッキタイプです。
優秀な集中や擬似リフ持ちアンコール付与があり、高圧縮を狙いやすいです。
レベル1帯もコストを使わず行きのパワーを上げることができ、突破力が非常に高いです。
レベル2帯が薄いもののレベル3ではバーンシャルルによる待望の詰め手段を手に入れたので、決定力が大幅に上がりました。

・お寝坊 姫乃
集中でCX1枚につき、控室から新聞のキャラを回収する効果を持ちます。
手札確保or山札削りの集中は新聞の強みの一つです。
序盤はコストを使わないので、無理なく集中していけます。

dc3_w18_042.gif


・一緒が幸せ シャルル
cip回復とキャントリシナジーで対応CXが置かれた時、3コスト払うことでこのカードを含むキャラ2体にアタック時1点バーンを与える効果を持ちます。
コストは重いものの新聞ではコストが溜まりやすいので、シナジーは無理なく使える印象です。
効果は1点バーン×2なので強さは分かりますね。
cip回復を持っている点も素晴らしい。

dc3_we16_07.gif


♦音楽
レベル0・1帯においてタイトル内屈指の強力な盤面を誇るデッキタイプです。
レベル1のラインも7500~8500に加え、みっくんによる1500パンプや実質0コストの1/1/2000助太刀によって非常に堅いです。
また全体レベルパンプもあるので相打ちも効きません。
このように手堅い盤面ですが引きに頼る部分もあり、いかに上記の盤面を作れるかが問われます。

・胸のドキドキ みっくん
他の音楽キャラのレベルを+1する効果と、相手のアタックフェイズ前に1コスト払うことで音楽のキャラ1体のパワーを+1500する効果を持ちます。
レベル0から擬似的な1500助太刀を使える上に、レベルパンプにより相打ちを無効と強烈なサポートキャラです。
移動キャラが前代未聞の超性能になったりレベル1の盤面をより強固なものに出来たりと、このカード1枚で大幅に強化されました。

dc_w23_040.gif


他にも鍋やスポーツ・さら軸などありますが、基本は上記4つを最低限 押さえておけば問題ないです。
特に今期環境で見ることになる生徒会・姫乃早出し、追加が来て使用者が多い新聞は重要です。


♦その他 主要カード
・”3バカ”杉並&義之&渉

移動能力とリバース時1コストで思い出に置くことができる効果を持ちます。
移動持ちなのでどのデッキでも活躍できますし、思い出に行く効果も記憶条件を満たすのに使えます。

dc_w09_078.gif


・帰ってきた笑顔 美夏
このカードの助太刀を使った時、2コストとキャラを1体控室に置くことで、相手のレベルより高いキャラを控室に置くことができる2500助太刀です。
要注意カード。
対ダ・カーポでは絶対に意識しなければならないカードです。
類似効果をもつ「ひどすぎる完二ちゃん」と違って場のキャラを1体控えに送らなければなりませんが、あちらと違って2コストなのでストック的にはこちらの方が打ちやすいです。
コストである控えにキャラを送る効果は後列も対象に出来ますし、見方によっては相手の打点を狂わすのに使えます。

そしてメインになる効果ですが、相手の早出しを潰す凄まじい効果です。
このカードを警戒せずにアタック順を間違えると、せっかく早出しされたキャラがアタックも出来ずに控えに送られます(そもそも美夏を握っている相手に早出しはしないと思いますが)。
ちなみに1パン目に早出しされたキャラがアタックした場合、トリガーはストックに行くものの相手にダメージは発生しません。
アタックしたキャラがすでに場に存在しないからですね。

今の環境 早出ししないタイトルは少ないですし、非常に強力なメタカードになっています。
このカードがあるがために、ダ・カーポの早出しされたキャラやレベル1の強力な盤面をこちらの早出しキャラで崩すことが出来ないんですよね。
握っていなくても見えただけで相手の早だしを縛りますし、本当に厄介なカードです。
貴族選抜のゼロ魔を諦めたのも、このカードを有するDCが環境に顔を出してくるからです。
個人的には正々堂々レオの次に消えてほしいカードです(正々堂々はずっと前から言っているように許しません)。

dc_w23_062.gif


・木琴占い
2点回復できる2/2のイベント。
現状で使うことができる回復イベントではトップクラスの使いやすさでしょう。
レベル2帯で耐久するにはもってこいのカードです。

dc_w01_095.gif


・ホラーは苦手
相手のキャラ1体から受けるいかなるダメージ(バーン・ショットなど)を無効にする2/3のカウンターイベント。
コストは3と重いですが、効果はダメージ遮断と強力です。
勝ったと思ったら、このカードで耐えられたというのはよくある話しです。
このカードも頭に入れておきましょう。

dc_w01_093.gif


紹介記事なのでいつもと同じで軽い説明でしたが、いかがだったでしょうか?

ダ・カーポのカードプールは膨大なので、他にも優秀なカードはあります。
今回はWGPでよく見そうな型のキーカード、要注意カードを紹介しました。
ダ・カーポは充分過ぎる程 戦える力を持っていますが、デッキタイプが様々なので一つの型で染め上がることはないでしょう。
ただ、意識しなければならないタイトルであることは間違いないです。
実際自分は姫乃早出し型とは2番目に戦いたくないデッキです(1番はこのブログを読んでくださっている方なら分かりますね)。
ということでダ・カーポの主要カード紹介でした!
関連記事
スポンサーサイト
2013.09.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://slb74.blog.fc2.com/tb.php/88-b58a9270
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。