上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ディスガイアD2のカードリストが公開されました。
いつも通りピックアップの記事を書こうとしたんですが・・・みなさんご存じの通り、はっきり言って残念な内容でした。
強いて言うならレベル応援や助太刀・cip7500ヴィータ互換くらいですかね~。
他のカードも新しいデッキが作れて面白そうではありますが...うーん。
という訳なので今回はピックアップの記事は書きません。

話し変わって自分がヴァイスを初めてから1年が経とうとしています。
ちょうど一年前に偶然始めたんですよね~(気になる方は筆者関連の記事に詳細が書いてあります)。
せっかく1周年なので、簡単なことですが特別なことをしたいですね。
※本当に簡単なことなので、過度な期待は辞めてくださいね(笑)
それはこの記事の最後に書いておきます。

前話しが長くなりましたが本題です。
今回もまたも千葉ホビの大会に参加してきました(1番近いので...)。
そのうち他のショップ大会にも参加する予定です。
使用デッキ:今週のガチライブ!(4色)
光り物がようやく揃ったので、さっそく大会で使用しました。
※フルレアではないです。レベル3だけ光らせました(笑)
内容としては、せっかく4色にしたので各色の強い要素を詰め込んだグッドスタッフ構築です。
基本は2帯で真姫の早出しを狙いますが、1リフした時のためにフルネーム海未も積んでいます。
レベル3帯ではcip回復を展開し3-0を維持して、ニコ・YAZAWAで〆がメインの流れです。

構築はかなりプレイングに依存している部分がありますが、とりあえず実戦投入ということで!


1回戦-黄赤ゼロ魔(貴族選抜)
さっそく来ましたゼロの使い魔。
仮想敵として一人回しで散々スパーリングしてきたので、特訓の見せ所。
主に意識するポイントはレベル1に先上がりしてラインを作ること(ゼロ魔の行きのパワーが基本 低いため)と、相手のレベル2をすぐに流すことです(貴族早出しがある以上、停滞されると厄介)。
※非常に長い試合です。

じゃんけん負けて後攻。
相手は3500レベル1でアタック。
こちらの手札で出せるのはレベル0ハラショーのみ。
倒せない上に次のターン、レベル0を引けないなら同じですし先上がりする意味でもドローゴーを選択。
相手のターンになり、後列に0コスト相打ちを2面出して1パン。
やはりそう簡単にレベルを上げさせてくれない。
こちらのターン、レベル0を引かず。
仕方がないのでハラショー出して扉を打つと「赤がありませんよ」と指摘される。
さっそくやらかす。
自分「すいません、では黄色で」
ということで1000/1打って相打ち。

返しに3パンされてこちらが先上がり。
集中でガウル絵里をサーチして1面ハラショーチェンジで75002面・7000の盤面を作り1000/1打つも2キャンされる。
相手のターン、しっかり経験を満たしつつキャラを展開するも全面チャンプ。
こちらは真姫を握っていたので、1回でもキャンセルすれば早だし条件を満たせるもののキャンセルせず...
残り山札4枚中CX2枚(控えに5枚で手札に風が1枚)。
どのみち5戻りは避けられないので集中を使い泣く泣く5戻り(しかし山札は薄い)。
集中2ヒットでcip回復を集める。
色は青を優先させて発生させたので、黄色がなくCXは打てない。
そのまま3パン。

相手もレベル2に上がり貴族1面登場。
人質救出作戦で山札を削り貴族回収。
2面はチャンプしてくるも、こちらは2キャンする。
相手は確定山札1枚で2-0。
すぐにでも1000/1打ってレベルを上げたいところですが、ここで致命的ミスを犯す。
ハンドが充分過ぎる程あったがために ついクロックを放棄してしまい、黄色が発生していない!?
間違いなく打つ場面で1000/1を使えないという情けないミス...
しかたがないのでそのままアタックする。

返しのターンで人質救出作戦から2面貴族登場...2-3まで回復される。
1000/1打って3パンされ、1キャンするも3-3まで飛ばされる。
相手の盤面は完璧で2面12500と11000で助太刀も間違いなく構えている状態。
正直、貴族相手にここから巻き返すには厳しいなぁと思いながらも、相手のストックは3枚なので2面貴族は処理しておきたい。
割るにはレベル3μsが必要ですが、控えとストックにレベル3μsが2枚見えていて手札にはない状況。
山札は5枚でその内2枚は扉(またかよ...)。
トップドロー、僕らは今のなかで μ`s・・・心の中でガッツポーズ!
そして先ほど打てなかったことで手札には対応CXがある(完全にいい方向に転がっているだけです...)。

レベル3海未2面・μsを出して3-0に戻し、CX「きっと青春がきこえる」
レベル応援も配置していたので14500・165002面で全面割る(ツエー!)。
しかしダメージは2キャンされ2-6止まり。
こちらは扉を2トリガーしてしまうもcip回復を回収する。

相手は人質救出作戦(本日3回目)で貴族を回収し、ヒットしたので相思相愛ルイズも回収する。
貴族登場から1000/1打ってアタック。
1パン目で1500カウンターを使い、貴族を落とし6戻りでリフレッシュ。
3点通りリフダメCX。
しかし、そのあと2キャンし3-4。
返しにμs2面で3-2まで回復し、3-4まで打点を通す。
相手はストック3なので相思相愛だしてシナジー。
しかし、これをこちら2キャン。
そして、相手は2トリガーしてしまい3-3の状態。
こちらは集中を使ってヒットし、ニコ・YAZAWAをサーチする。
ニコ登場から2・2・2でアタックし、そのまま通りこちらの勝利。

勝ちましたが、色々思うところはありますね(笑)
まず最初に書いた意識する2点ですが、レベル0を引けず結果的にこちらが先上がりしたこと。
先上がりしたのはいいんですが、レベル0でアドを与え過ぎました。
そして2点目のレベル2を流すと言っときながら、色発生をミスりCXを打てないという情けなさ過ぎる凡ミス...
結果的にシナジーに使えましたが、あんなのただの偶然です。
実際は黄色を発生させて打つ気満々でしたので。

次に、この試合はCXの配置や引きの強さで勝たせてもらった部分が大きいですね。
こちらの山札は薄かったものの5戻り・6戻りだったにも関わらず、後半キャンセルがチートでした。
最後も相手が2トリしたので4点通せただけです。
μsトップドローも強過ぎました。
こういう部分に関しては言っても仕方がないのかもしれませんが、きちんと反省はしたいですね。
勝ったから終わりではなく、今回みたいに学ぶべきところはいっぱいありますし。
次に活かします!


2回戦-黄赤リトバス(動物軸)
じゃんけん勝って先攻。
レベル0は特に書くことなし。
こちらが先上がりして、ラインを作ると1面だけレベル1相打ちで割られる。
打点も止まらずサクサク進む。
こちらが先上がりして、集中から真姫早出しで8戻り。
相手もレベル2に上がり、擬似リフ美魚で華麗に擬似リフ。
移動封じの相打ちに真姫がサイドされ、美魚を割りに行けない。
仕方なく1000/1打つも2キャン。
返しのアタックでこちらがレベル3に先上がりする。

美魚は確実に割っておきたいので、真姫に3500イベントを使い助太刀圏外で割りに行く。
相手はレベル3に上がらず3コストアンコール。
相手は2面チャンプし、こちら3-2。
3-0に回復したいもののcip回復を1枚しか握れていないので回復しきれず。
返しに相手は鈴を2面展開からシナジーで助太刀圏外から全面割られ、2点が通りショット1点×2で3-5まで。
相手は3-1でだいたい10枚以下の山札にCXが残り2枚。
こちらの山札は1枚で集中からリフレッシュして、1ヒットでニコ・YAZAWAをサーチする。
真姫も出してCXを引き込みアタックするも2キャンされ、ニコのクロック飛ばしも含め3-5まで。
返しに1点通され負けました。

反省点はレベル3を集めきれなかった点ですね。
ストックは余ってましたし、無駄にしてしまいました。
あとはどこかしらでもっといい選択があったかもしれませんが、勝手に振り返っておきます。

この試合は相手の回りも強かったですね。
鈴のシナジーをしっかり2面していますし、擬似リフ決められた時は思わず魅入ってしまいました(初めて使われたので)。
対戦相手はショップでよく会う方でフリーも結構するのですが、また機会があったら「大会」で是非リベンジしたいですね!


3回戦-黄赤AB(ユイ早出し型)
じゃんけん負けて後攻。

相手はドローゴーしてきたので、こちらも合わせる。
レベル0は相手に合わせ、出されたキャラを確実に割り先上がりに成功する。

7000・75002面の盤面を作りアタックしていく。
返しのターンで相手は全面チャンプ。
そこからは圧縮を進めていき、神の使いを2面出されるも3500カウンターを警戒しサイドしてくる(実際は2枚ありました)。
こちらはレベル2に上がり集中から2/1海未をサーチして、1000/1打って神の使いを割る。

相手先上がりでcip回復かなで・理不尽登場でアタックし、3-1まで。
こちらはμs・ニコを出しシナジーを打つ。
全面助太刀圏外で割り、理不尽をクロックに飛ばす。
打点は3-5まで。
相手のターンになり、クロック2ドローからユイ登場からシナジーを打たれる。
ニコをカウンター圏外から割られるもアンコールし、ストック1、打点は1キャンし3-3まで。
返しにニコに3500イベントを打ち、残り2点の相手に対して1点通してニコのクロック送りで勝ち。

ニコ・YAZAWA恐ろしいです(笑)
実際使ってみると半端じゃない強さですね。
対応CXを必要とせず、往復でクロック送りに出来るのは鬼畜です...
3コストアンコールから再び効果を発動できますし、緑入りのラブライブと当たったら要注意カードですね。


4回戦-青緑赤まどマギ(さやか軸)
フルレアのまどマギ使いの方。

じゃんけん負けて後攻。
レベル0はお互い1パンで殴り合う展開。
相手がクロック5の状態で後列でハラショーチェンジして5止め封じしてから、トリガー乗って3点を相手がキャンセルする。
これで相手はレベルが上がらず、こちらが先上がりする。

前列に集中海未・ガウル絵里2面・後列に前応援と集中海未で80002面を作ると相手は割れない。
しかも事故っているようで2パン。

この時点でアドをかなり稼ぎ、レベル2の時点でレベル3真姫・2/1/海未と盤面は完全制圧。
そのまま試合も進み、相手はストックもなく打点通してこちらの勝利。

まどマギは流れを作れないと本当に何もできずに終わってしまいますね。
使い込んでいるからこそ、対戦相手の辛さが伝わってきました。


ということで、結果は3勝1敗でした。
結果は何とか勝ち越せてはいますが、使い手が弱くてラブライブのポテンシャルを引き出せていない感じがしますね(笑)
特に1戦目は相手に申し訳ないぐらい謎の補正を受けていましたから...
同時に改善点が多く見つかった大会でもあったので、そこは収穫です。
特に色バランスをもっとしっかり考えなければいけませんね。
4色を選んだ以上、色事故は言い訳にすらなりません。
自分の思っていたより、繊細な調整が必要そうです。

タイトルとして見るとラブライブは充分強いですね。
発売前の残念な評価が今では嘘のようです(笑)
個人的にはレベル3の性能ももちろんですが、集中海未が本当に強いですね。
あの集中効果に全体のラインを上げる特徴応援が強力過ぎます。
終盤まで無理なく置いておけるので、ラブライブを支えるカードではないでしょうか。

ということで大会レポートは以上になります。
次の大会レポは最初に作ったデッキの切り札が活躍します!(活躍するように特訓してきます)。
ご期待ください!
関連記事
スポンサーサイト
2013.09.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://slb74.blog.fc2.com/tb.php/90-5dc061b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。