上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
4日ぶりに こんばんは!
横須賀から帰って来たので、気になる公開カードを紹介しつつ超雑談します。

ブログって整理できていない考えをとりあえず書いておけるのがいいですよね。
Twitterでそれをやる訳にもいきませんし、考えを整理するためにもこういう場はありがたいです。
Twitterでやると長文かつ杏子のアイコンで他の人のタイムラインを染めてしまうので(笑)

また、自分の記事を見返すのも面白いんですよね。
「その時はこういう風に考えていたのかぁ」「今も考えは変わらないなぁ」といった感じでたまに見返します。
あとは大会レポートや開封結果の記事などで「こんなことあったなぁ」とかです。
まぁブログなんでそういうものなんですけどね(笑)
ブログ忙しくても続けていきたいなぁ~。
11日前の今日のカード(9/12)
原子崩し麦野・アイテム 滝壺

タングステン 「みんな滝壺の効果ばかり話題にしてるけど... 麦野がレベル3じゃない... しかも助太刀だと... ブ・チ・コ・ロ・シ・か・く・て・い・ね。」


次の日の今日のカード(9/13)
絶対能力進化計画 一方通行

タングステン 「やっぱり一方通行がレベル3枠か。ということは麦野のレベル3は厳しいか...」


7日前の今日のカード(9/16)
パッションオレンジ 美琴・超能力者 麦野

タングステン 「麦野来たけどレベル2か。やっぱり諦めるしかないのか... というより美琴と並べるなよ!悪い顔してる麦野への当てつけですか!?」


そして・・・3日前の今日のカード(9/20)

c31d9492.jpg

タングステン 「む、む、麦野のレベル3(涙)!!!」

フレンダ 「結局 学園都市第4位のレベル5で、アニメでも充分登場した麦野が、レベル3枠貰えないなんてあり得ない話しな訳よ!」

絹旗 「超その通りですが、SPは何故かアニメでちょっとしか登場していない第5位なんですよね。対して麦野はSPなし」

滝壺 「大丈夫だよ、私はそんな麦野を応援してる」

タングステン 「SPがないのは不満だが、レベル3があっただけマシです。ところで麦野はメルトダウナー仕様で光らせてくださいね!」

麦野 「お望みなら、ほらよ!」

※数秒後、タングステンはカードごと跡形もなく消えてなくなりました。

タングステン 「あ、夢か」

安定の夢落ちで茶番終了。
とりあえず麦野のレベル3が収録されていることにテンションが上がりました!
光り物は手に入れなければ!
デッキに入れるかというと・・・理由はこれから書きます。


まずは先週の木・金の今日のカードを軽く紹介。

・学園都市 黒子
手札に関連する効果を2つ持っている黒子。
対応は扉と優秀でチェンジで早出しもできます。
悪くないですがパッとしないですね。
ただ、今までのとあるとは違う構築が出来そうで、このカード主軸の構築も組んでみたいなぁと思わせてくれました。
ビッグスパイダーの対象に出来るのもGood。
メイン構築には採用しませんが、別の形でこのカードを使ったデッキを作ります。

・学園都市 美琴
cip回復とレベル0を焼く効果。
赤にcip回復出すんですね。
出ないと思ったんですが、これは屋根下禁止の予兆か!?
下の効果は後列のレベル0応援も焼けるので悪くはないですが、レベル3からでは遅いような・・・
使う場面があったら便利といった感じです。
そもそも2枚レストの対象が超能力のキャラなんで、小萌や冥土返しを採用しているとアンチシナジーなのでやはりおまけですね。

・アイテム 麦野
cip回復とシナジーで原作再現。
このシナジーもレベル3で狙うような効果ではないと思いますし、何より8扉と引き換えにするのは厳しいです。
ただ、cip回復を持っているので緑を採用しない構築に回復枠として採用できる!・・・と思っていたのですが、上の美琴が何故かcip回復を持っているせいで、それすらも厳しいという評価に...
なぜ、赤にcip回復を与えた...
美琴がcip回復を持っていなかったら、まだ回復枠として採用できたのに!!!
色で選ぶとしても赤ですね...美琴は一応もう一つ効果ありますし。
光らせてコレクションに出来るからいいか!

・心理掌握 食蜂
なぜかSPが存在する第5位。
効果は特徴応援とコストを払うことでサイド不可にする効果。
特徴応援はありがたいです。
下の効果は限定的な場面で使えそうな効果ですね。
コストの消費が激しい超能力でこの効果を使う機会は稀だと思います。
サイド封じてカウンターで返り討ちにするといっても、ストックと手札を消費してくれるんで助かります。
効果のタイミング的にコストの無駄にはならないので、あれば便利程度の印象ですね。
特徴応援だけで採用価値があるので、集めといて損のないカードですけど。


レベル3が3枚も公開されましたが、さすがに効果は控えめですね。
ただ、cip回復持ちが2枚も存在するとは思いませんでしたが...
個人的に美琴に回復つけたのが、やはり気に食わないです・・・

現状だけでレベル3が多いので、ここらで軽く整理しておきます。
まずはどのデッキでも採用される屋根下こと「一つ屋根の下 美琴&黒子」は確定ですね。
このカードの強さは省略します。
回復枠としては緑に初春・赤に美琴・黄に麦野の3枚がありますが、緑が採用されるなら初春が第1候補になると思います。
メリットは屋根下とともにビッグスパイダーの対象に出来る点やチェンジ元にクロック絆があるなど。
他にも記憶条件満たせば11000になる点や今回のブースターに収録されている1/0の優秀な応援 春上の存在からcip回復持ちのなかでは一歩抜けていますね。
緑を採用しない構築では美琴と麦野が候補になりますが、対応CXを入れない限りは美琴が選ばれるでしょうね(解せぬ...)
一方通行はチェンジを採用した場合以外は、屋根下がいるので入らない気がします。
黒子は必須ではないですが、人それぞれでしょう。

この他にもまだレベル3が登場する可能性はありますが・・・ヒーロー来てくれますかねぇ?


とあるの構築は公開されているカードを入れて回していますが、滝壺の採用枚数をどうするか考えました。
最初は4枚入れるべきか悩みましたが、結局この手の効果は序盤に使いたいので引く確率を上げるために4枚入れるのが安定なんですよね。
ただ後列の関係やデッキの枠を踏まえると難しい。
デッキの安定性を確実に上げてくれて手札アドも稼いでくれるカードなんですが・・・いいカード出しましたねブシ(笑)
まぁ採用することは確実です。
とあるでの滝壺の使い方、もっと考え尽くしてきます!


ここからは今回のとあるのブースターについて個人的な考えを書きます。
今日のカードが公開されるたびに、「とあるの冬」になるのではないかと囁かれていますね(笑)
実際 使用者も多いですし、今期環境で有力タイトルの一つになるのは現時点でも周知の事実です。
今期環境がとあるの冬になるのかどうかは蓋を開けてみるまで分かりません。
そうなるのかもしれませんし、そうならないのかもしれない。

ただ言えることは全盛期のディスガイア・リライトに比べたら圧倒はされないということです。
自分の感覚ではその2タイトルを相手にするのは、本当にしんどかったです。
それほど他のタイトルに比べて特殊でしたし、圧倒されるほど強かった。
その2タイトルに比べれば、とあるを相手にするのは全然 苦に感じないです。
舐めてるわけでも強さを理解できていないとかでもなく、性質がまるで違うんですよね。
前環境で戦っていたプレイヤーなら誰しも分かるのではないでしょうか?

あとは今あるタイトルも全体的にデッキパワーが高いので、とあるが断トツで抜けるのは難しいのではないかと。
あくまでデッキパワーの話しで使用者は断トツになるかもしれませんが・・・

個人的な感覚ですし、とあるが充分な強化をされた事実には変わりないんですけどね。
ただ前環境のやりづらさを考えたら、とあるが暴れても今期の環境の方がやりやすいので(強力すぎる回収メタを有するDOG DAYSは知りません...)
※今まで公開されたカードに加えて1/0/オバスペキャラ(ない気がしますが)・振り分け可能な2000助太刀(ほぼないでしょう)・手札アドを稼げる集中(出してはいけません)・クロック送りを持ったレベル3や擬似リフ(発売禁止!)などが多数収録されているなら「とあるの冬」が確実に到来するでしょうね。


ということで超雑談をしてきましたが、自分にとってとあるは通過点です。
偽物語 発売までに予想以上に間隔がないのが大きいですね。
期待しているのは偽物語の方ですしWGPでもおそらくとあるは使わないので、ある程度煮詰めたら偽に備えます。
ゼロ魔・ラブライブとともに一人回しのいい相手になるのは間違いないですね(笑)

ここまで考えを綴ってきましたが、これにて終了で!
Part3はたぶんないと思います(笑)
関連記事
スポンサーサイト
2013.09.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://slb74.blog.fc2.com/tb.php/93-e44121ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。